1971年の『仮面ライダー』誕生から、現在放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』まで半世紀にわたる仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語の仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』(12月17日公開)。ゲストキャストが24日、解禁となり、中尾明慶と古田新太が出演することがわかった。

【動画】『ビヨジェネ』WEB特報 中尾明慶&古田新太が“親子”に

 この日、解禁となったWEB予告動画では、まず2071年の様子が映し出される。現代の2021年とは異なり、悪魔に支配され、荒廃した世界になってしまっている。そんな2021年からやってきたという、仮面ライダーセンチュリー。解禁されていたビジュアルとは様子が違い、禍々しさを感じさせる。

 仮面ライダーリバイス、仮面ライダーセイバー、仮面ライダーブレイズらに襲いかかる描写も見られ、彼はなぜ戦うのか、目的は一体何なのか…。何も明かされぬまま描写は変わり、現代から50年前の1971年へ。そこでは誰かに追われている様子の中尾演じる謎の研究者・百瀬龍之介が登場。彼もまた仮面ライダーセンチュリー同様に時代を超え、五十嵐一輝たちのいる2021年にやってくるようだ。「秀夫か?」「自分の父親の顔も忘れたのか」と、古田演じる百瀬秀夫に声をかける様子から、時空を超え再会を果たした親子であることが判明する。

 父である龍之介はなぜか1971年の当時の姿のまま現代へ、そして息子である秀夫は50年の月日を過ごす。秀夫が言う「俺は、家族を捨てた自分勝手な父親とは違う」という言葉の意味とは、龍之介がショッカーの研究員であったことだと判明。場面は変わり、謎の禍々しいバイスタンプが怪しく光る描写が映し出され、さらなる強敵の登場を彷彿(ほうふつ)とさせる。そして、一輝、大二、さくら、バイス、さらに仮面ライダーセイバーの剣士たちが集結。「絶対に帰ってきて」「明るい世界のためにこの世界を守り抜くんだ」と、文字通り100年にわたる壮大な物語が始まることが予感させる。

 一方、龍之介は自分の親子関係のいざこざに対して、「はぜ、そこまで首を突っ込もうとする?」と一輝に問いただすと、一輝は「折角会えた家族がバラバラのままで言いわけない」と答え、家族の大切さを感じさせている。

■ゲストキャストコメント
【中尾明慶】お話をいただいた時は、自分が特撮の世界に呼んでいただけるとは考えたこともなく、まさか自分が!? という感じでした。このチャンスを逃すと、もう出演できる機会はないと思い、ぜひやらせてくださいという気持ちでいっぱいでした。現場では特撮ならではの初めて経験することも多くあり、とても勉強になりました。息子と2人で映画館に行こうと思います。

【古田新太】おいらが小学校1年生のときにそれは始まった。センセーションだった「変身」これはもうエポックだった。それまでのヒーローは宇宙人かロボットだった。カッコ良かったなぁ、もう50年も経つのか。そりゃ年もとるはずだ。しかしライダーに出演することで「ロボコン」「スーパー戦隊 」と、東映特撮、3本制覇だぜ。