NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の娘うた役で出演が決定した女優・小野莉奈が主演する映画『POP!』(12月17日公開)の予告編が解禁となった。

【動画】映画『POP!』予告編

 小村昌士監督による本作は、若手クリエイターの登竜門的コンペティション「MOOSIC LAB[JOINT]2020-2021」でグランプリ&最優秀女優賞(小野)をダブル受賞。二十歳という人生の節目を迎える主人公が、子どもと大人の狭間で、社会の欺瞞と不寛容さにもがきながらも成長する姿をポップな映像とシュールな解釈で描くシニカルコメディー。

 予告編は、チャリティ番組のオフィシャルサポーターを務めつつ、アルバイトをこなす日々を送る柏倉リン(小野)の姿からスタート。生真面目なリンはチャリティサポーターとしての仕事も、バイトも一生懸命にこなすが、チャリティ番組の募金はなかなか集まらず、スタッフのマイコ(野村麻純)からは「腹たつくらい真面目だよね」と嫌みを言われてまう。バイト先の駐車場では勝手に車を止められてしまう始末。

 オトナの世界のルールにがんじがらめにされ、モヤモヤがつのるリン。そんな中、ただただ本能のまま自由に生きる爆弾魔(三河悠冴)と出会ったことで心境に変化が訪れるまでが、Aru-2の哀愁を誘う独特のビートとともに描かれる。コミカルなキャラクターたちに囲まれて、コドモとオトナの狭間にいるリンの葛藤と成長を垣間見ることができる。最後の今泉力哉監督の称賛コメント(「シュールで笑えてお洒落で。すっごく好きです。日本の映画じゃないみたい。いや、どこの国の映画でもないみたい。」)も印象的だ。