ジャニーズJr.の人気グループ・7 MEN 侍の中村嶺亜が23日、フジテレビ系バラエティー『今夜はナゾトレ!鬼滅の刃からも出題!常識クイズSP』(後7:00)に出演する。2時間SPとなる今回は大ヒットアニメ『鬼滅の刃』から書き順に関する問題が出題。さらに、さまざまな“検定”からの出題に挑む。初登場の際“天才ジャニーズ”ぶりを発揮した3回目の登場となる中村は今回、柳原可奈子とペアを結成する。

【写真】市川猿之助や水野美紀らも参戦

 このほか、高橋英樹は真麻と親子でペアを組んで挑戦。松尾駿(チョコレートプラネット)はトシ(タカアンドトシ)と、長田庄平(チョコレートプラネット)はタカ(タカアンドトシ)と、市川猿之助は有田哲平(くりぃむしちゅー)と、水野美紀は名取裕子と、マヂカルラブリー(野田クリスタル、村上)は宇治原史規とそれぞれペアを組んで参戦する。

 まずは『書き順ナゾトレ』。『鬼滅の刃』の技や名シーンのセリフから出題。前回全問正解の中村に注目が集まるが、そのプレッシャーからか、とんでもない言い間違いが飛び出す。水野は子どもの頃5年ほど書道をやっていて、“体が書き順を覚えている”と言うのだが…。松尾は自分の名前に関する漢字の書き順が出題されるが、まさかの失態をおかすことに。

 昨今、コロナ禍で検定資格を取る人が増えたという。そこで、さまざまな“検定”から出題。“冬に人気のイルミネーション”ではその美しさに一同感嘆の声を上げる。“チョコレートを使ったお菓子”ではコンビ名でもあるチョコプラの長田と松尾に解答がまわってくるが、正解なるか。“世界で愛されるパン”では、高橋が苦戦。これには真麻が“毎朝食べているのに…”とあきれ顔を浮かべる。

 『ホントorウソ』をペアで相談して答えるクイズも“検定”からの出題。“鎌倉の常識”では市川がファインプレーを見せ、2020年度に続き、今年も年間優勝を狙う有田をナイスアシスト。一方で、トシの年間優勝の可能性がないことを知った松尾は、すっかり肩の力も抜けて得意のものまねを披露。“おいしい料理のコツ”では、市川がいつも行く店で見た経験を引き合いに出すが…。タカ・長田ペアは、ホントとウソの数のバランスのデータで解答。これにはMC・上田晋也が苦言を呈する。

 年間優勝のプレッシャーもかかるなか、宇治原・マヂカルラブリーペアが好調。有田・市川ペアがこれを追う。そして勝負は最後の『東大ナゾトレ』まで持ち越される。ここで、チョコプラの2人、村上がひらめき力を発揮。そして中村もこれに続く。はたして勝利の行方は。
 
 収録を終えた松尾は「今回はとてもハイレベルで、後半不正解者がほとんどいなかったと思います。そのデットヒートぶりを視聴者の皆さんも一緒に楽しんでいただけたらと思います」とみどころを紹介。長田は「本当に見てためになる問題がたくさん出題されていたので、そこも楽しみながらみていただけたらと思います」とアピールしている。