日本映画製作者協会が、独立プロの先駆者である故新藤兼人監督の名を冠し、毎年将来性のある新人監督を選出して顕彰する「新藤兼人賞」。26回目を迎える2021年度の金賞は『海辺の彼女たち』の藤元明緒(ふじもと・あきお)監督に、銀賞は『JOINT』の小島央大(こじま・おうだい)監督に、それぞれ贈られることが発表された。

【動画】受賞した『海辺の彼女たち』&『JOINT』予告編

 今回は、160作品が選考対象となった。なお、プロデューサー賞は、『あのこは貴族』の西ヶ谷寿一(にしがや・としかず)氏の受賞が決定した。授賞式は、12月3日に開催予定。

 金賞の『海辺の彼女たち』は、来日したベトナム人女性労働者たちの過酷な現実と闘う姿を描いた劇映画。今年5月1日よりポレポレ東中野(東京)にて公開後、3ヶ月のロングラン上映を達成。現在まで延べ全国60館にて順次上映が続いている。藤元監督は、在日外国人労働者や移民に目を向けた作品作りを行ってきた。

 銀賞の『JOINT』は、普段、我々が気軽に登録している個人情報が知らないうちに特殊詐欺のための名簿として売買されている実態をリアルに描いた作品。

 金賞受賞の一報を聞いた藤元監督のコメントは以下のとおり。

 「受賞の知らせを聞いた時、全く期待をしていなかったので頭が真っ白になりました。審査していただいた現役のプロデューサーが通常業務の傍ら膨大な数の作品を鑑賞することは、作品づくりだけでも手が回らない僕にとって想像を絶します。その映画愛にあふれた行為のもと、この度の賞を贈っていただいたことに心から感謝を申し上げます。

 『映画を作りたい』と上京してちょうど10年。これまでの作品づくりを通して痛感するのは『映画監督』とは僕一人がなりたいと言ってなれるものではなく、スタッフ・キャスト、スポンサー、協力者、映画館、観客のみなさんから監督として認識されて初めてなれるものだということです。監督としてのアイデンティティを形成させてくれた全ての方々とこの喜びを共有できることをうれしく思います。

 同時に、新藤兼人監督が紡いでくれた大きな文脈からさらに、僕も次につなげなければと背筋が伸びる思いです」。

 銀賞受賞を受けて小島監督は「この度は、新藤兼人賞銀賞に選んでいただき、とても光栄です。映画『JOINT』の題名はいろいろな意味を持っており、“大麻”や“レストラン”、“刑務所”や“映画”自体までも意味します。また今回の映画で一番重要な“つながり”という意味を持っています。人と人とのつながり、人生の不思議なめぐり合わせでできた映画だと改めて感じます。長い製作期間を一緒に走り抜けたスタッフとキャスト、その唯一無二のチームとの出会いに感謝しかないです。本当にありがとうございます」と、コメントしている。