元ザ・ビートルズのポール・マッカートニーが、バンドやソロ活動のキャリアを振り返るドキュメンタリー・シリーズ『マッカートニー 3,2,1』が、12月22日よりディズニープラスの「スター」にて独占配信される。

【動画】『マッカートニー3,2,1』予告編

 同作は、ポール・マッカートニーが伝説の音楽プロデューサー、リック・ルービンを迎え、楽曲にまつわる制作秘話を一対一のインタビューで語る6話構成のドキュメンタリー・シリーズ。リック・ルービンとは、Def Jam Recordings の創始者にして、近年ではプロデュースを務めたアデルの『21』が「第54回グラミー賞」で最多6部門受賞を果たすなど、現代で最も成功している音楽プロデューサーの一人だ。

 各エピソードで取り上げられるのは、ザ・ビートルズ時代の革新的な作品群、70年代のアリーナロックを象徴するウイングスとしての活動、そして50年にも及びいまだに続く彼のソロアーティストとしての活躍など多岐にわたる。ポールとリックの親密な会話を通して、私たちの人生のサウンドトラックとして存在している象徴的な楽曲に関する曲作りの話、影響力、そして個人的なエピソードが掘り下げていく。

 予告では、ザ・ビートルズの「カム・トゥゲザー」「オール・マイ・ラヴィング」や、ポール・マッカートニー&ウイングスの「バンド・オン・ザ・ラン」といった楽曲を聞きながら、2人で語り合う姿が散りばめられいる。ポールは、ジョン・レノン、ジョージ・ハリソンと出会った頃について語っているほか、ギターとドラムを演奏している姿も。モノクロのミニマルな映像が、楽曲と2人の会話を際立たせる。

 また、「ポールは革新的なベーシスト。今のベース演奏の半分は彼のパクリだ。偉大なミュージシャンだ」と、ジョンがポールへの称賛をつづったメッセージを読むと、「本当に? 初耳だ、うれしいね」と笑みを受かべる、この2人の空間の親密さを象徴するようなシーンも登場する。

 監督は、第86 回アカデミー賞・長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『キューティー&ボクサー』(2013年)のザッカリー・ハインザーリングが務め、ポール・マッカートニーとリック・ルービンは製作総指揮も兼任している。

 ディズニープラス「スター」では、今月25日から映画監督のピーター・ジャクソンが57時間以上の未公開映像と、150時間以上の未発表音源という膨大なアーカイブ映像を再編集した『ザ・ビートルズ:Get Back』(全3話)を独占配信。この『マッカートニー3,2,1』とあわせて視聴すれば、より深くザ・ビートルズの歴史、さらには音楽史を理解することが出来る。