ビートたけしが自身の師匠である芸人・深見千三郎と過ごした青春をつづった自叙伝「浅草キッド」を原作に、劇団ひとりが監督・脚本を務め、大泉洋が伝説の師匠・深見千三郎を、柳楽優弥が若き日のタケシを演じるNetflix映画『浅草キッド』(12月9日より世界独占配信)より初の本編映像が解禁となった。

【動画】大泉洋×柳楽優弥『浅草キッド』本編映像

 解禁された映像は、初舞台に臨むタケシ(柳楽)に、“幻の浅草芸人”と呼ばれた師匠・深見(大洋)が真剣な眼差しで“芸ごと”の真髄を伝える重要なシーン。楽屋でホステス役を与えられたタケシが厚化粧をしているところを見かけ、「おいタケ、なんだそれ」と尋ねる深見。素直にタケシが「ホステスです」と答えると、「バカヤロー!」と深見のカミナリが落ちる。

 「いいか、タケ。芸人なら芸で笑いとれ。芸人なら女になりきれ。どこの世界に自分をブサイクにするホステスがいるよ。世界で一番きれいになってやる! そういう心意気で化粧しろ」と、芸人としての心得を伝授。そして「俺のとこでやりてぇならな、笑われるんじゃねえぞ。笑わせるんだよ」と、痺れるような強い信念を愛弟子に見せつける深見。真剣な眼差しで投げかけられる、師匠の愛情のこもった厳しさは、やがてタケシのお笑いへの覚悟の強さへと変わっていく。師から弟子へ、受け継がれる想いが詰まったシーンとなっている。