長らく公開延期となっていた、トム・クルーズ主演の映画『トップガン マーヴェリック』が、来年(2022年)5月27日に日米同時公開されることが決定。日本語吹替版キャストとして、トム・クルーズ演じるマーヴェリック役を森川智之、マイルズ・テラー演じるルースター役を宮野真守が務めることが発表された。

【動画】極限までハードな飛行シーンの裏側を捉えたメイキング映像(吹替版)

 トム・クルーズを一躍ハリウッドのスターダムの頂点へと押し上げた伝説の名作『トップガン』(1986年)。その続編となる新作は、“トップガン”にマーベリックが帰ってきて、守ることの難しさ、戦うことの厳しさを若者たちに教えることに。しかし、訓練生らは型破りな指導に困惑し反発する。そんな新人たちの中には、かつてマーヴェリックの相棒だったグースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿もあった。ルースターは、訓練中に命を落とした父とバディを組んでいたマーヴェリックを恨み、対峙するが…。マーヴェリックはなぜ、もう一度飛ぶことを決めたのか、再び、熱いドラマが展開する。

 ルースターは、前作で悲しい死を遂げるマーヴェリックの親友グースの息子という関係性。まさにこの日に目撃する、マーヴェリックとルースターの熱く切ない物語をはじめとした伝説の続きが、来年に映画館で展開されることになる。

 数々の作品でトムの日本語吹替を務めてきた森川は「青春の思い出の作品です。マーヴェリックに、トム・クルーズになりたかった。なりたいと思っていました! 時を超え、願いは叶いました(笑)。前作から時を経た物語、一体マーヴェリックがどんな人生を歩んできたのか、私を含め世界中のファンの皆さんが興味を持たれていると思います。その時がいつか必ず来ると信じていたので、準備万端で収録に臨みました」と特別な想い入れを明かしている。

 世界中が注目する重要な役どころを演じることになった宮野も「伝説級の作品、あの『トップガン』の続編が公開されると言う事で、ワクワクしていました。参加させていただける事、心から光栄に思います。因縁めいた想いのもと、対峙する二人。男たちの、熱い感情のぶつかり合いには、僕も演じていて、心が滾り、目頭が熱くなりました」と、ほかにはない感情の高ぶりを明かしている。