ジャニーズJr.の人気グループ・HiHi Jets(高橋優斗※高はしごだか、井上瑞稀、橋本涼、猪狩蒼弥、作間龍斗)が20日、東京・国立代々木競技場第一体育館にて初の単独アリーナクラスでのコンサート『HiHi Jets Concert 2021~五騎当千~』を開催した。土日2日間4公演で、約2万5840人を動員予定。この日は、オリジナル曲はもちろん、この場所で長くコンサートを行ってきたV6のメドレーなど含む全23曲を披露(メドレー1曲換算)。さらにMCでは今後の躍進を予感させる5つの発表も行った。

HiHi Jetsのテレビ出演

 まず、同コンサートの模様がDVD化されることが決定。猪狩は「来れなかった人にも見てもらいたい」といい、高橋は「家で何度も観てください」と呼びかける。そして、27日の午後7時からニッポン放送で『HiHi Jetsのオールナイトニッポン Premium』が決定(※1)。5人そろってのラジオ出演はこれが初めて。観客から大きな拍手が送られると井上は「みなさんが初知りですからね!」とにっこり。 

 12月からはJNNネットワーク5局連合キャンペーン『HiHi FUTURE project』がスタート。HBC北海道放送、TBC東北放送、BSN新潟放送、RCC中国放送、RKB毎日放送によるSDGsキャンペーンでキャンペーンソング『STEP by STEP~あしたのにおい』も担当する。12月中旬から1月中旬まで実施され、5人はランダムで地方局に出演。地元ならではの取り組みを体験しながら、楽しく紹介していく。

 さらに、ひときわ大きな拍手が巻き起こったのは、5人初主演となるドラマ(ABCテレビで来年放送予定)製作決定の知らせ。井上は現時点で出せるドラマの内容として「1つ目、青春、2つ目、成長、最後のキーワード、成敗」といい、一人ひとり当て書きでのオリジナルストーリーとのこと。高橋は「僕たち、めちゃくちゃ頑張りたいとおもうので、ぜひ観てください!」とアツく訴えた。

 ちなみにもうひとつの発表として、5人が履いているオニツカタイガーとコラボレーションして製作したシューズを紹介。高橋は野球ボールと2009年のWBC日本代表のユニフォームをイメージ。“CATHER”“YUTO2”の文字もあしらわれており、野球少年だった高橋らしいデザインに。「僕野球のとき、背番号2だったので。発売しないけど覚えて帰ってください」と自慢げにアピールした。

 作間が履いているのは、コンサートロゴと同じペンキがはねたような柄をもとに「自分の意見も取り入れてもらって作りました」としつつも、担当者が持ってきたデザインだったことから、打ち合わせ時間が“15秒”だということも発覚。橋本はメンバーカラーの青いヒモとソール、オニツカタイガーと同じ字体で『RYO』が記されたデザイン。「皆さん、ちゃんとオニツカタイガーさんにお礼しておいてください」とファンに伝える橋本に、一同「自分でしろ!」とツッコミがはいった。

 猪狩は白のブーツにゴールドのソールとひも。右足に稲妻マーク、左足に$マークをいれ、「S・Iは僕のイニシャルですから」と得意げ。最後の井上は花柄で左足にシルバーの筆記体で『Mizuki』そして、「右足に『Leader』って書いてます!」と堂々、披露。高橋は「かっけ~!うちのリーダー!」と沸き立つなど、盛り上がっていた。

※1 ニッポン放送をキーステーションに全国ネット放送となるがニッポン放送でプロ野球日本シリーズが設定された場合は野球中継が編成されるため、ニッポン放送でのオンエアがない場合に限り『ジャニーズJr.チャンネル』で音声配信する。