舞踊家、指導者として日本のバレエ界を長年けん引した牧阿佐美(まき・あさみ)さんが10月20日に87歳で死去して1ヶ月。NHK・BSプレミアムで日曜深夜に放送している『プレミアムシアター』では、21日深夜(=22日 前1:43~)の予定を変更して、「追悼・舞踊家 牧阿佐美」を放送する。

【写真】日本のバレエ界を長年けん引した牧阿佐美さん

 母、橘秋子さんと共に牧阿佐美バレヱ団を設立。新国立劇場の舞踊芸術監督も11年間務め、後進の育成に情熱を注いできた。牧さんの功績を振り返り、彼女が手塩にかけて育てたバレエ団の公演を抜粋で紹介する。

 演目は「ライモンダ」第3幕から「グラン・パ・クラシック」(2012年3月30日・NHK ホールにて収録「NHKバレエの饗宴」)、「ドン・キホーテ」第3幕(2019年4月6日・NHKホールにて収録「NHKバレエの饗宴」)。

 この日はほかに、パリ・オペラ座バレエ「ノートルダム・ド・パリ」(振付:プティ)、ドキュメンタリー「バスチーユ建設」を放送、歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」を再放送する。

 『プレミアムシアター』は、オペラやバレエ、オーケストラなど「クラシック音楽」の舞台芸術からよりすぐりの公演を放送する4時間の大型定時番組。