サッカーJ1・セレッソ大阪に所属する大久保嘉人選手(39)が今シーズン限りで現役を引退することを19日、チームがホームページを通じて発表した。22日午後に引退会見を行い、その模様はYouTubeでライブ配信される。

【写真】J1通算191得点!現役引退を発表した大久保嘉人選手

 大久保選手は1982年福岡県生まれ。国見高校の3年時に高校3冠を達成し、冬の高校選手権で大会得点王に輝いた。2001年にセレッソ大阪に入団し、主にFWとして活躍。04年にはU-23日本代表としてアテネオリンピックに出場し、スペインのリーガ・エスパニョーラやドイツ・ブンデスリーガにも挑戦した。日本復帰後は、ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、古巣のセレッソ大阪などでプレーした。

 J1リーグ通算191ゴールは前人未到。また、日本代表では国際Aマッチに60試合出場し、6ゴールをあげた。ワールドカップには、10年の南アフリカ大会、14年のブラジル大会に出場した。

 大久保選手はチームのホームページで「今シーズンをもちまして引退することを決断しました」と報告。「20年間という長い期間、プロサッカー選手として走り続けられたのは、日本サッカー界、そして所属させてもらったクラブの関係者、ファン・サポーターの皆さまのおかげです。本当に感謝しかありません」と伝えた。

 現役生活について「この20年間、苦しいことも楽しいこともうれしいこともいっぱいありましたが、苦しいことが一番多かったかもしれません。しかしそれが自分を強くしてくれたと思っています」と回顧。「大久保嘉人のプレースタイルが、いろいろなチームの選手、ファン・サポーターの皆さまにご迷惑をおかけしたことを申し訳なく思っています」と謝罪しながら、「これからの人生の方が長く険しいものになると思いますが、このサッカー人生で学ばせていただいたことを生かして、また一から色々なことを学び、頑張っていきたいと思います。本当に20年間ありがとうございました」とつづった。