もうすぐ1歳になる仔犬の”小賢しい姿”がツイッターで話題になった。おもちゃのボールをくわえながら、小首をかしげてキッチンのそばに佇むゴールデンレトリバーのセナくん。”キッチンは立ち入り禁止の区域”として幼い頃から教え込まれてきたが、ボールを落として拾うフリをすることで前進しながら少しずつキッチンに入ってくるように…。飼い主さんにこっぴどく怒られたが、なんとも言えないおとぼけ顔で「ボール落としただけです」と訴えかける姿に8.7万いいねが集まった。

【動画】わざとらしい仔犬の困り顔が可愛い…飼い主さんとのキッチン攻防戦

 夕食の準備をしていた飼い主さんが、キッチンの入り口に視線を向けると”立ち入り禁止区域”の一歩手前に佇むセナくんの姿があった。いったいどうするのか見守っていたところ、セナくんはくわえていたおもちゃのボールをキッチンにリリース。「あくまで、ボールが落ちちゃったからキッチンに入るんですよ…」と、飼い主さんの様子を伺いながら、落としたボールをくわえるためにキッチンに入ってきたという。ボールを拾うため…キッチンに入る大義名分を見つけてしまったセナくんは、さらにボールを落としては拾って前進を繰り返した。

 その様子を撮影した動画投稿には「知能犯」「大義名分がありますもんね」「困り顔がかわいい」と反響が。今回の賢くもあり、面白くもある行動について、飼い主さんは「もうすぐ1歳、知恵をつけてきています」「料理中の良い匂いの誘惑には勝てないみたい」とSNSの反響にコメントした。

「自分たちも面白くて可愛いなあと思っているセナの行動を、他の色々な方が見て楽しんでもらえているのだなと思って嬉しかったです。怒られて”困り顔”をしているセナの様子を見て、わざとらしい可哀想な顔を割とすることがあるので『またもう!』と思って笑けました」

 飼い主さんによると、セナくんはキッチンに入ってはいけないことは理解しているが、自分の態度(表情や状況)によっては許される場合もあると考えているのだろうとのこと。

「自宅に迎えたばかりの頃と比較して、わりと我慢をするようになりました。ケージの中で、お留守番やご飯の時の『マテ』も素直に聞いてくれます。言葉も少し理解できるようになっていると思います。

 セナは素直で優しいです。どんな人やワンちゃんにも優しく接してくれるし、色々な人たちからも優しく可愛がってもらってます。今後も色々な場所や人やワンちゃんたちに出会ったり、いっぱい走ったり、やんちゃでいいので元気に過ごして欲しいです」