2歳の子どもと言えば、イヤイヤ期真っただ中。その頃の我が子の怒り方を思い返し、兄と妹で比べた様子を描いたちゃぁこさん。読者からは、それぞれの表現方法に「怒ってるのに2人ともかわいい」などのコメントがついた。Instagramで育児漫画を発信するちゃぁこさんに、普段の育児や作風のこだわりなどを聞いた。

【漫画】性格が違えば怒り方も違う、おーちゃん&うーちゃんのそれぞの表現方法とは

■性格が反対の兄妹 それぞれ怒っている姿がかわいくて思わず笑顔に

――初めにご家族について教えてください。

【ちゃぁこ】夫、わたし、6歳の息子、4歳の娘の4人家族です。息子(おー)は社交的ですぐお友達ができるタイプ、娘(うー)は逆に慎重派です!

――2歳頃のお子さんたちの怒り方を比べた漫画にほっこりしました。兄妹でも、全然違いましたね。

【ちゃぁこ】この頃の2人は本当に面白かったです(笑)。息子はとてもわかりやすいタイプで、怒っている時は投稿のように全力で「怒ってるぞ!」とアピールします。嬉しい時は飛び跳ねて喜ぶ、悲しい時はシュンとする、まさに絵に描いたような感情表現をしていました。ちなみに、今も割とわかりやすいです。

――娘さんはどうでしたか?

【ちゃぁこ】娘は静かに怒るタイプで、ずっと観察していれば「あ、落ち込んでるな」「今は怒ってるな」とすぐわかるのですが、わたしが家事などをしている間にそういう状況になると気づけなくて…。振り向いた瞬間に、壁へ向かってスンッとなっている姿が目に入った時は、もう面白くて笑ってしまっていました! もちろんすぐフォローしにいきましたが、ついつい笑ってしまいます。

――かわいい様子が目に浮かびます。投稿ごとにフォロワーさんもどんどん増えていますが、印象に残っているコメントがあれば教えてください。

【ちゃぁこ】私は自分が覚えておきたいこと、記録に残しておきたいこと、振り返った時に笑えるなぁと思うことをよく漫画にしているのですが、そういう投稿に「わかる!」「わたしもそうだった!」などの共感や、「面白い!」と楽しんでくださったりしているのを見ると、とても嬉しくなります!

■「色合いが好き」の声に投稿は思い切って“くすみ色”で統一!

――イラストや色使いが素敵ですが、もともと絵を描かれていたのでしょうか?

【ちゃぁこ】子どもの頃から絵を描くことが好きでよく描いていたのですが、「好き」というだけで終わっていまして…。

――では、今のように投稿を始めたきっかけは?

【ちゃぁこ】2018年の夏頃に現在のアカウントを作り、投稿を始めました。きっかけは、ずばりインスタの育児漫画です! 妊娠中で家にいる時間が増えたころ、インスタのおすすめ投稿に流れてきた育児漫画を見て、「わたしも描きたい!」と思いました。が、すぐには描き始められず…。時間が経てば経つほど、その気持ちがどんどん大きくなり、勇気を出してアカウントを作りました。

――育児漫画を描くうえでのこだわりはありますか?

【ちゃぁこ】ありがたいことにわたしのイラストの「色合いが好き」と言ってくださる方が多くてですね…幸せです。わたし自身、くすみ色がとても好きで使っていたのですが、「色合いが好き」と言われるようになってからは、くすみ色で統一して描くようになりました。

――投稿を続けていてよかったと感じることは?

【ちゃぁこ】「わかる!」と共感してもらえた時は、「わたしだけじゃなかったんだ!よかった」と嬉しくなりますし、「投稿楽しみにしてます!」と言っていただけた時は、「あぁ、続けててよかったなぁ」と思います。あと、インスタでイラストや漫画の投稿をしていらっしゃる方々と、イラストや共通の話題で盛り上がったりするのが楽しくて…幸せです。

■「子どもの目線になって考える」のが子育てのコツ

――最近、お子さんの成長で嬉しかったことはありますか?

【ちゃぁこ】年齢的に遊び方に違いが出る時期だったのだと思いますが、少し前まで何をして遊ぶか、何のテレビを見るかなどで意見が合わずよくケンカをしていました。でも、最近はふたりで仲良く遊べることが増えてきて、嬉しく思います。

――子育てで心がけていることを教えてください。

【ちゃぁこ】何事も一旦落ち着いて、「子どもと同じ目線で考えてみること!」です。と言っても、やっぱり時間や心に余裕がない日は難しかったりもしますが、心に余裕がある時はなるべく、「何で今そんなことしてるんだろう」「わたしがこの年齢だったらどうしてただろう」「子どもにはどう見えてるんだろう」と、子どもの目線になって考えてみるようにしています。

――最後に、今後の目標や夢などがありましたらお教えください。

【ちゃぁこ】いつか、イラストのお仕事などができたらいいなぁと夢見ております。今はとにかく描き続ける! これが等身大の目標です。