女優の有村架純、岸善幸監督が19日、都内で行われたWOWOWオリジナルドラマ『前科者-新米保護司・阿川佳代-』(20日スタート、毎週土曜 後10:30、全6話※第1話のみ無料放送)完成報告会に出席。岸監督から「衣装合わせの時に、お話をした時に、国民的女優ですので、僕も緊張しながら…」と感想が語られると、有村が恥ずかしそうに手を横に振って応じた。

【動画】有村架純、大照れ!監督から「国民的女優」と絶賛を受ける

 「ビッグコミックオリジナル」(小学館)で連載中の漫画「前科者」(原作:香川まさひと、作画:月島冬二)を実写化。罪を犯した“前科者”たちの更生・社会復帰を目指し、彼/彼女らと向き合い奮闘していく保護司の姿を描いた作品。有村が、主人公の保護司・阿川佳代を演じる。

 岸監督は有村について「現場では、たくさんの相手にしなければいけない人物たちがいて。それを毎日毎日、本当に侍のようにバッタバッタと…包容力と鋭さをもって、侍のように毎日戦っていたなと。それにすごく助けられました。本当に国民的女優だと思います」と絶賛。

 有村は再び照れ笑いとともに、手を横に振って恐縮しつつも「私もドキドキしながら現場に入りました。テストをやらずに、段取りだけして、すぐに本番に向かう現場で、集中力や忍耐力など、いろんな感性が研ぎ澄まされました。全部逃しちゃいけない気持ちになるので、役者たちがめちゃくちゃ集中して取り組んでいて、相手の方のお芝居に自分も動かされていくのが心地よくて、お芝居って楽しいなと感じましたね」と声を弾ませていた。

 報告会にはそのほか、石橋静河も出席した。