女優の上白石萌音が19日、大みそか恒例『第72回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:30~11:45)に初出場することが決定した。2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』で初代ヒロインを担当している上白石が、年末の大舞台に挑む。

【一覧】『第72回NHK紅白歌合戦』出場歌手 これまでの出場回数も

 上白石は、1998年1月27日、鹿児島県出身。2011年の『第7回東宝シンデレラオーディション』で審査員特別賞を受賞。以降、映画『舞妓はレディ』で主演、長編アニメーション映画『君の名は。』でヒロインに抜てきされた。その後も、ドラマや映画など幅広く活躍している。

 一方で、歌手業も並行している。16年7月、カバーミニアルバム『chouchou』で歌手デビューし、20年8月には初のオリジナルフルアルバム『note』をリリース。全国ツアーを実施するなど、実力は折り紙付きだ。

 この日、NHKで行われた出場歌手発表記者会見にVTRメッセージを寄せた上白石は「お仕事を始めてからの10年間で出会った方々への感謝を込めて、思いをたくさんこめて、大切に歌わせていただきます」と意気込みを語った。

 今年の『紅白』のテーマは「Colorful~カラフル~」。司会は俳優の大泉洋(48)と女優・川口春奈(26)、NHKの和久田麻由子アナウンサー(32)が務める。今年から「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称を全員「司会」に統一した。また、会場のNHKホールが改装工事中のため、東京国際フォーラム ホールAで初開催。NHKホール以外で行われるのは、1972年(第23回)以来49年ぶり。コロナ禍の昨年は史上初の無観客開催だったため、有観客は2年ぶりとなる。

■上白石萌音 VTRメッセージ

本日は舞台の公演中のため、記者会見への出席が叶わなかったのですが、今年の
『紅白歌合戦』に初めて出場させていただくことになりました。

今年1年は本当に私にとって大きな1年となりました。お芝居の方でも一生忘れられない作品や役との出会いにたくさん恵まれましたし、音楽活動のほうでも、久しぶりにライブツアーを行うことができて、とても充実した1年でした。この1年の締めくくりとして 『紅白歌合戦』という歴史あるステージに立たせて頂けること、大変光栄に思っております。

今年、ひいてはこれまでのお仕事を始めてからの10年間で出会った方々への感謝を込めて、思いをたくさんこめて、大切に歌わせていただきます。どうぞ、よろしくお願いします。