12月17日より公開される映画『マトリックス レザレクションズ』の日本語吹き替え版の上映が決定した。あわせてキャスト陣が発表された。

【動画】すでに面白い!期待高まる『マトリックス』新作の予告映像

 キアヌ演じるネオ役を務めるのは、『マトリックス』シリーズ全作で吹き替えを担当してきた小山力也。新章となる本作についても、「新たなる覚悟と使命を刻みます」と気合十分にコメントしている。

 かつてネオと共に壮絶な戦いに身を投じたヒロイン・トリニティー役には、同じくシリーズ通して同役を演じてきた日野由利加、そしてモーフィアス役に諏訪部順一、スミス役に中村悠一が名を連ねる。

 これまでのシリーズすべて劇場で鑑賞してきたという諏訪部は「まさか関わることができるとは!」と興奮気味にコメント。新キャラクターとなるバッグス役を担当する内田真礼は、まっさらな気持ちで作品と向き合ったことや、「彼女が見てる景色はひとつであるということが、とても色濃く頼もしく見えました」と役柄の印象を明かしている。

 同じく新キャラクターのアナリスト役を担当する津田健次郎は、ファンとして再び『マトリックス』の世界を観られる喜びと共に「しかも吹替で参加出来るとは。最高です」と語っている。

 そのほか、過去作でもナイオビ役を務めた本田貴子は「今作の登場で生き続けてきたんだなぁと、感慨深いです」、ネオを支えるサティーを演じる水樹奈々は「新作制作が発表されてから絶対に観たいと思っていた作品に、まさか携わることができるなんて本当に光栄です!」、ネオをサポートするジュード役を演じる間宮康弘は、大の『マトリックス』好きらしく「旧三部作にドハマりしたオタク野郎が、ネオの○○として関われるなんて夢のようだぜ!」、バッグスの仲間でネオを支えるセコイア役の小野大輔は「進化し続けるマトリックスシリーズに参加させてもらえることを光栄に思います」とコメントを寄せた。