俳優の中山優馬、寺西拓人が18日、都内で行われた映画『189』(12月3日公開)の完成披露イベントに参加した。

【集合ショット】中山優馬&夏菜も登壇!映画『189』豪華キャストら

 寺西は、育児放棄の疑いがある木村来夢役で出演したが、シーンのあまり多くなかった。冒頭のあいさつで「皆様方に比べると出演時間が大変、短い。一応、紹介しておきますと、序盤でブチギレていた金髪の男です」と自己紹介し、観客を笑わせた。

 普段は舞台を中心に活動するが、本作のオファーを振り返ると「僕自身、映画が大好きな人間。このお話をいただいてうれしかった。あとは大尊敬する先輩の中山優馬くんの元でお芝居ができるのは、ありがたい機会だなと思いました」としみじみ。寺西が緊張した面持ちなのを見ると、中山は「なんで、そんなに汗かいてるの?」とにやり。

 寺西は「めちゃくちゃ暑くないですか? すみません…。お恥ずかしいところを」と赤面。また、中山は“大尊敬”発言に関して「完全にイジってます!」と言い切りながらも「いろんなところで共演させていただいている。頼りになる後輩。全く心配もない。自分の心の支えになったぐらい頼もしい役者さんです」と称えていた。

 タイトルの『189』は、年々増加する児童虐待から“いちはやく”子供を助けることができるよう設けられた児童相談所虐待対応ダイヤル“189”を意味する。ダイヤル“189”に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマとなる。

 この日は、夏菜、吉沢悠、前川泰之、灯敦生、太田結乃、滝川広志(コロッケ)、降幡愛、加門幾生監督も参加した。