俳優・中山優馬が18日、都内で行われた映画『189』(12月3日公開)の完成披露イベントに参加した。

【全身ショット】美脚がスラリ…グリーンドレスを着こなす夏菜

 中山は東京都の児童相談所で、虐待対策班に配属されたばかりの新米児童福祉司・坂本大河を演じ、彼とバディを組む弁護士・秋庭詩音役を夏菜が務める。中山は「坂本大河という役は、台本を読んだ時から多くの方に、共感をしていただけるんじゃないかというのが第1印象。普通の正常な人間のメカニズムからすると多くの方が坂本大河を共有できるんじゃないか。僕も、その中の1人でした。役作りという意味では大変だったという印象はない」と振り返る。

 過去に虐待を受ける役も経験しており、「虐待されていたドラマをやらせていただいた。何年か前ですけど、そのときの印象が濃い。今でも鮮明に覚えている」と明かす。それだけに太田結乃演じる虐待を受けている少女・増田星羅への思いが募ってしまい「星羅ちゃんの虐待されている感情というか、思いがすごくわかるような気がした。その分だけ自分の役の熱量につながったかなと思います」と口にしていた。

 タイトルの『189』は、年々増加する児童虐待から“いちはやく”子供を助けることができるよう設けられた児童相談所虐待対応ダイヤル“189”を意味する。ダイヤル“189”に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマとなる。

 この日は、夏菜、吉沢悠、前川泰之、灯敦生、太田結乃、滝川広志(コロッケ)、寺西拓人、降幡愛、加門幾生監督も参加した。