ファッション誌『CanCam』専属モデルでタレントのトラウデン直美(22)が、来年1月26日に初のフォトブック(タイトル未定・小学館)を発売することが決定した。出身地・京都を舞台にした撮り下ろしで、ピュアな笑顔やテンション高めのおちゃめな顔、大人で色っぽい表情など、あらゆる魅力を詰め込んだ1冊となる。

【写真集カット】屋根の上でスリリング!ワンピ姿のトラウデン直美

 慶應大学法学部に通う22 歳の現役大学生でありながら、14歳で史上最年少で抜てきされた『CanCam』モデルとして在籍歴最長記録を誇るトラウデン。情報番組での核心をついたコメントは、同世代の女子だけではく広い世代にも共感を呼んでいる。

 初フォトブックは本人たっての希望により、京都で撮り下ろし。「慣れ親しんできた地元の京都でありのままを撮影してもらったことで、本来の私のふざけた一面も存分に出ていると思います(笑)」と見どころを語る。伏見稲荷大社などの名所をはじめ、老舗銭湯や純喫茶、そして実際に彼女が通っていた中学校など、数々の場所で撮影。一緒に旅行を楽しんでいるようなカットはもちろん、屋根の上にワンピ姿で登ったり、ドレスで金戒光明寺に佇むという神秘的カットもあり、さまざまな「見たことのないトラウデン×京都」を堪能できる。

 本書には幼少期の写真や、『CanCam』誌面のアーカイブ、両親とのトークにロングインタビューなど、トラウデン直美という人間を深掘りする読み物も多数掲載。知性派タレントとしても活躍し、堅くて真面目に見られることも多いが、フォトブックでは実はとてもユーモアに溢れる彼女のおちゃめ&やんちゃな素顔もたっぷり。この1冊を読めば彼女のすべてわかる内容になっている。

■トラウデン直美コメント
「今回フォトブックを出させていただくことになりました! 本を出すと決まったときはすっごくうれしかったです。スタッフの方とどんなコンテンツにするか何度も話し合ったり、ロケ地選びや写真セレクトにも参加してこの一冊を作っています! けっこうお堅くて真面目な印象を持たれることも多いのですが、慣れ親しんできた地元の京都でありのままを撮影してもらったことで、本来の私のふざけた一面も存分に出ていると思います(笑)。どうぞお楽しみに♪」