漫才日本一を決める『M-1グランプリ2021』準決勝進出を果たした25組が18日に発表された。阿佐ヶ谷姉妹、すゑひろがりず、ラランド、ミキ、トム・ブラウン、ウエストランド、EXIT、蛙亭といった、過去の決勝進出者、バラエティー番組にも出演している売れっ子芸人たちがまさかの敗退となり、改めて準決勝の壁の高さが浮き彫りとなった。

【写真】コンビそろって仲良く撮影に応じるマヂカルラブリー

 EXITのりんたろー。は発表を前に、自身のツイッターで「電波ジャックの最中。ヒルナンデス付近。どうゆう結果になろうとナンチャンに悟られてはいけない。関ジャニ横山君にツッコまれてはいけない。何事もなかったかの様に平静を装わなければ! とりあえずZIPからなんで日本の朝をぶち上げてきまーす! いってきまーす」との心境をツイート。

 ミキ・昴生は16日に自身のツイッターで「M-1グランプリ準々決勝、来ていただいた方々ありがとうございました。今すぐに結果発表してくれ!!」とつづり、すゑひろがりずの南條も「M-1準々決勝でした! 気合い入れてやりました! あとは野となれ山となれ!!!」との思いを記していた。

 過去最多となる6017組がエントリーした今大会。決勝は、ABCテレビ・テレビ朝日系列で12月19日の午後6時34分から午後10時10分まで、これに先駆けて敗者復活戦は同日の午後2時55分から午後5時25分まで放送される。

■『M-1グランプリ2021』準決勝進出25組
アインシュタイン/アルコ&ピース/インディアンス/オズワルド/カベポスター/からし蓮根/キュウ/金属バット/さや香/真空ジェシカ/ダイタク/男性ブランコ/東京ホテイソン/錦鯉/ニューヨーク/ハライチ/ヘンダーソン/マユリカ/見取り図/モグライダー/もも/ゆにばーす/ヨネダ2000/ランジャタイ/ロングコートダディ