女優の志田未来、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹が、19日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。今回は、何やら閑散としたスタジオで番組がスタートし、3回目のゲスト出演となる志田も「いつもと雰囲気が違う」との戸惑いを口にする。

【写真】メガネ姿で…3回目の『脱力タイムズ』に臨む志田未来

 そんな志田に、MCのアリタ哲平(有田哲平)が事情を説明。今回の収録は衆議院議員総選挙の前に行われているため、脱力スタッフも選挙特番の準備に駆り出されて、スタジオにはスタッフがたった2人しかおらず、そのせいで、もともと予定していた企画もできなくなってしまったという。そこで解説員の吉川美代子氏、出口保行氏らは、代わりの企画を提案する。

 「選挙後の日本はどうなるのか」について討論してみては、といった意見が出る中、志田が突然「やりたいことがある」と意表を突いたアイデアを口にする。するとアリタは、「じゃあ、そうしましょうか」と笑顔で即答。そんなやりとりを、ただただあっけに取られて眺める飯尾をよそに、志田の提案する異色の企画が華々しく幕を開ける。いつもとは違う展開に、なぜか嬉々として進行役を務めるアリタ、ハプニングに見舞われながらも、とっておきの“奇跡のテクニック”を披露する志田、そして、訳が分からないまま、飯尾はどんどん追い詰められていく。

 収録を終えて、志田がコメントを寄せた。

――2017年9月29日放送、2019年7月11日放送に続いて、3度目のゲスト出演となりますが、今回の収録はいかがでしたか?

過去の2回も、ほっぺが痛くなるくらいたくさん笑わせていただいたんですが、今回は、また全然別の番組に来たかのような面白さがあって(笑)、すごく楽しかったです。ただ、自分が今やっていることに必死になりすぎて、次に何をやるのかを忘れそうになる瞬間が何回かあって。もう少し落ち着いてやるべきだったなって、少し反省しています。でも一番の反省点はやっぱり、笑いをこらえきれなかったことですね(笑)。
『全力!脱力タイムズ』では毎回、“笑わないようにしなくちゃ”と思って収録に臨むんですけど、絶対に笑ってしまうんです。今回はもう、リハーサルのときから笑いが止まらなくて、スタッフの方に“本番はもう少しガマンしてください”と言われてしまいました(笑)。ですから、なるべく笑わないように気をつけてはいたんですけど…無理だったみたいです(笑)。

――一番笑いをこらえきれなかった場面は?
場面というより、窮地に追い込まれてタジタジになっている飯尾さんが、とにかくずっと面白かったです! しかもそれが、今までほかの番組では見たことがないくらいのタジタジ度なんですよ(笑)。そんな飯尾さんを間近で拝見することができて、うれしかったです。貴重な経験をさせていただきました(笑)。

――志田さんは、飯尾さんの大ファンだそうですね。
はい、何度か共演させていただいているんですけど、それ以前から、もともとテレビで拝見していて大好きな芸人さんだったんです。今回、飯尾さんとご一緒させていただけると聞いたときから、収録を楽しみにしていました。

――今回共演してみて、印象が変わったところはありますか?
いえ、今までと変わらず、今回もやっぱり面白かったです(笑)!

――では、今回の『全力!脱力タイムズ』の見どころを教えてください。
いつもとは違う、新しい『全力!脱力タイムズ』が見られるんじゃないかなって…私が言うのもおこがましいんですけど、本当にそう思います。飯尾さんの“ものすごくテンパっている姿”という新たな一面も見られますし(笑)、私自身も、番組の中で“あること”に初めて挑戦していますので、新しい一面をお見せできるんじゃないかなと思います。