韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEENが、27日発売のファッション誌『MORE』1月号増刊 スペシャルエディション「SEVENTEEN表紙版」の表紙と11ページ特集に登場することが明らかになった。

【全身ショット】日本デビュー記念ショーケースを行ったSEVENTEEN

 この冬、日本スペシャルシングル「あいのちから」の発売を控える記念すべきタイミングで、今回、『MORE』独占での撮りおろし撮影とインタビューが実現。「Unlock:鍵を開ける、解放する」を企画コンセプトに、SEVENTEENがこれまで歩んできた道をメンバー自身が振り返ってひもとく。さらに、メンバーひとりひとりの心の鍵を開けることで語られる言葉や、メンバー同士が知られざる魅力を明らかにするパートなど、SEVENTEENの現在が解き放たれる、読み応え満載の11ページとなった。

 韓国と日本をリモートでつないだ撮影は、徹底的な臨場感にこだわり、通常のスタジオではなくインダストリアルな空間で行われた。数人ずつで行われたグループショットでクールな表情を見せたかと思うと、スナップショットでは一転、メンバー同士の和気あいあいとしたSEVENTEENらしい掛け合いが始まる。

 全員の準備が整ったところで、いよいよ表紙の撮影がスタート。モノトーンベースのラグジュアリーな衣装に身を包みつつ、満面の笑顔でハッピーオーラ全開、SEVENTEENの大きな魅力のひとつであるポジティブなムードとエネルギーがあふれる。見ているだけで幸せな気持ちにさせてくれるビジュアルは、まさに彼らが日本のファンに伝えたい温かい気持ちの表れ。

 すべての取材が終了すると、日本語で「ありがとうございました」や「また会いましょう~」と画面越しにハートなどのジェスチャーなどを交えあいさつしてくれるメンバーたち。中国での活動のために今回の撮影に参加できなかったJUNとTHE 8にもメンバーから微笑ましい言葉が寄せられ、SEVENTEEN13人の絆の強さが絶え間なく伝わってくる特集は、ファンならずとも必見だ。

 今号での注目は、厚紙ピンナップの付録「SEVENTEEN スペシャルメッセージカード」。4ページ分に相当する片観音開きページに、この付録でしか見ることのできないメンバーのソロカット&ソロメッセージ、そしてサインまで印刷された豪華な内容となっている。その他、通常版の表紙を飾る『MORE』レギュラーモデルの飯豊まりえ、小嶋陽菜、日向坂46から河田陽菜、渡邉美穂、上村ひなの3名が登場。さらに、小関裕太、EXIT・兼近など豪華メンバーが勢ぞろいする。