お笑いコンビ・オードリーによるフジテレビのバラエティー番組『水曜NEXT! バチくるオードリー』が17日深夜に放送される(深0:35 ※関東ローカル)。

【写真】ウエストランド井口、東京ホテイソンたけるも挑戦

 オードリーが、これは面白くなりそう、バチーンときそう、と思うことを実際にやってみて、面白くなるかどうか検証する番組で、10日深夜の前編放送後は、SNS上で「最高だった!」「めちゃ笑った~」「バチーンときたっ」と大きな話題に。「ピュアな芸人が作詞したラブソングをプロのミュージシャンが作曲したらバチーンときそう!」と題し、ピュア芸人の酒井貴士(ザ・マミィ)とTAIGAが自身の人生を振り返り本気で作詞したものを、人気シンガーソングライターの関取花が作曲し熱唱。それを聞いた若林正恭が大号泣というまさかの展開を見せた。

 後編の今回は「とんでもない人生を送っている人とプロのツッコミが漫才したらバチーンときそう!」をテーマに実施。タイトルの通り、とんでもない人生を送っている人とプロのツッコミが漫才をしたら、面白いネタができるかもしれない、という検証企画でとなる。ツッコミとして集められたのは、井口浩之(ウエストランド)、たける(東京ホテイソン)、そして若林の3人だ。春日俊彰は「いいですね! 東京のツッコミトップ3がそろいました」とうれしそうに語る。若林は「荷が重い」と苦笑いし、井口は「信じられないくらい何も説明されていない!」と不安しかない様子だ。

 プロのツッコミとコンビを組むのは、芸人ではない、ただ“とんでもない人生を送る人たち”。番組が街やSNSで見つけてきたのが「ヒモ生活13年、ヒモでいるためには女性の言うことを全部聞く男性31歳」「3度の飯よりイケメン大好き、気付けば愛人20人の元アイドルの女性24歳」「ギャンブルに負けて借金地獄、ギャンブルがやめられない男性31歳」という3人を見つけてきた。

 ツッコミ3人とくじ引きで決まったコンビは「井口×ギャンブルがやめられない男性」「たける×愛人20人の元アイドルの女性」「若林×ヒモ生活13年の男性」。若林は、一番絡みづらそうなヒモ生活13年の男性と組むことに「マジか…!」と焦りまくるが、ゲストの岩井勇気(ハライチ)は「いや、若林さんくらいしか処理できないかもしれないですよ」とあおってくる。収録はいったんストップ。それぞれのコンビは別室に移動し、制限時間30分でガチのネタ合わせへ。一体、どんな漫才が生まれるのか。

 収録を終えて、井口とたけるがコメントを寄せた。

■井口浩之(ウエストランド)
“一般の方と漫才をやってください”とお願いされ、“漫才をなめるなよ!”と思ったけど、よく考えたらそもそも普段からちゃんと漫才できている訳でもなかった。むしろ今回の方が普段より手応えがありました。とんでもない人生を送っている人は、もうそれだけでおもしろいし魅力的! 絶対になりたくはないけど…。人間味全開の漫才を見てください!

■たける(東京ホテイソン)
今回一般の方と漫才をさせてもらったのですが、けいこをせず、しかも知らない人っていうので、漫才ってこんなに難しいんだというのを改めて思い知らされました。しかも僕はネタを書いてない方です。こんな企画は酷です。でも全力でやりました! 26歳の勇姿を目に焼き付けてくだせぇ!!