関西ジャニーズJr.の今江大地が、17日放送のカンテレ『ピーチケパーチケ』(毎週水曜 深1:25)に出演。主演を務める舞台『大阪環状線 大正駅編~愛のエイサー プロポーズ大作戦~』の見どころを語る。

【写真あり】岡安譲アナ、339万円まで惜しすぎる馬券を公開

 兵動大樹、桜 稲垣早希、中山優馬、カンテレの川島壮雄アナウンサーというピーチケメンバーが、注目のエンターテイメントや舞台、コンサート、展覧会などの最新情報を紹介している情報番組。番組レギュラーの中山の後輩で、ライブではバックダンサーに抜てきされたこともある今江。番組出演が決まった時には「やったー! 『ピーチケ』で優馬くんに会えるのがうれしい!!」と憧れの先輩との共演に大喜び。待ち望んだスタジオ収録では、緊張でソワソワしている様子を見せながらも、謎のキャラ全開でスタジオ騒然の展開に。「おもしろいね! 空気感が吉本のハツラツとした若手みたいな感じがする(笑)」と兵動も興味津々。

 また、ラーメン雑誌の表紙に起用されるぐらいのラーメン好きで、中山が「本業、そっちでしょ!っていうくらい(笑)」とお墨付があるほど、今江はジャニーズJr.でナンバーワンのラーメン通という。収録が始まると「ラーメンアルバム」と名付けられた手作りノートを取り出しながら「関ジャニ∞さんとかにも『おいしい店教えて』と、よう聞かれます!」とラーメン愛を語り、中山から「何の宣伝に来てんねん!」とツッコまれていた。

 今江が主演で出演する舞台『大阪環状線 大正駅編~愛のエイサー プロポーズ大作戦~』は、カンテレで2016年から始まり、2019年にPart4まで放送されたドラマ『大阪環状線』シリーズを舞台化したもの。ドラマのマスコットキャラクターを、なにわ男子の西畑大吾が務めた話題のシリーズで、2019年12月に大阪松竹座で『大阪環状線~君の歌声が聴きたくて1985~天王寺駅編』を室龍太主演で初めて舞台化。今回が第2弾となる。本作ではリトル沖縄と呼ばれ川と海に囲まれた大阪の街・大正を舞台に繰り広げられる、廃部寸前の吹奏楽部を救うために動き出した若者たちとそれを見守る町の人々のヒューマンストーリーとなる。

 高校の音楽教師を演じる今江は、自身も中・高の保健体育の教員免許を持ち、教育実習の経験もあるという異色のジャニーズ。今江は「母校の教育実習にも行ったので、生徒さんとの距離感とかの雰囲気は分かっているので、生かせたらいいなと思います」と目を輝かせると、中山が「ラーメン作れる体育教師です!」と絶妙なツッコミを入れていた。

 『大阪環状線 大正駅編~愛のエイサー プロポーズ大作戦~』は12月11日から25日まで、大阪松竹座で上演される