人気アイドルグループ・日向坂46の佐々木美玲が、専属モデルを務めるファッション誌『non-no(ノンノ)』1月号通常版(19日発売・集英社)で、初めて表紙を飾った。

【表紙カット】爽やかなアップショットで『non-no』表紙を飾った佐々木美玲

 常にキラキラな笑顔を絶やさず、天真爛漫。会う人の心を瞬時につかんで離さない魅力の持ち主、“みーぱん”こと佐々木美玲。最近ますますキレイになったと噂の“みーぱん”が、ついに『non-no』のカバーモデルに起用された。

 透明感あふれる表紙カットも見逃せないが、巻頭特集『佐々木美玲のAtoZ』でも“みーぱん”のさまざまな魅力に徹底フォーカス。最新の“みーぱん”をチェックできるぜいたくな8ページで「相変わらずパン好きです(笑)」「意外かもしれませんが、釣りが好き」「子ども時代はやんちゃで虫集めが趣味」など、26のキーワードで今の“みーぱん”についてセルフ解説する。

 ホームである日向坂46についても、「私の夢そのもの! 中1の頃からアイドルになりたいと思っていたので夢がかなって、感謝の気持ちしかないです!(中略)『紅白歌合戦』や『ミュージックステーション』に出演させていただけたこともうれしかった。毎日が奇跡だらけです!」と改めて愛をこめて語っている。

 22日にはノンノ公式Instagram【@nonno_magazine】でインスタライブも開催し、表紙撮影時のエピソードをたっぷり語る予定。そのほかにも、特別版の表紙を飾ったなにわ男子のインタビューや、Sexy Zone・松島聡によるクリスマスギフトの特集を掲載。また大好評のKing & Prince連載『&』では、平野紫耀と神宮寺勇太のふたりが『ホビー』をテーマに語り合う。共通の趣味である車をからめた写真は必見の価値あり。