モデルで女優・香里奈(37)とタレント・鈴木奈々(33)が16日、都内で行われた『OSAKA OHSHO Presents THE BEST GYOZANIST 2021』授賞式に出席。大阪王将の新旧CMキャラクターがそろい、餃子の焼き方の上手さで火花を散らした。

【全身ショット】美脚がスラリ…真っ赤なミニドレスで登場した香里奈

 先輩にあたる鈴木が「負けたくない」と意気込むと、新キャラクターを務める香里奈も「先輩に負けないようおいしい餃子を焼きたい」とライバル心。油いらず、水いらず、フタいらずの『大阪王将 羽根つき餃子』をフライパンで調理しあった。

 ともにきれいな羽根つき餃子を焼き上げたが、軍配は香里奈に。鈴木は、香里奈が焼いた餃子がハートの形になっているのを見て、「かわいい」と負けを納得。試食をすると、「とまらない」「(フライパン)全部食べられます」と、美女2人が旺盛な食欲を見せた。

 鈴木に代わって“餃子キャラ”を任された香里奈は「週2、3で食べるし、昼と夜で2回食べることもある」と餃子愛を語り、こだわりは「(変化球ではなく)ついているタレを使うこと」と明かしていた。

 『OSAKA OHSHO Presents THE BEST GYOZANIST 2021』は、もっとも餃子愛にあふれた人物を表彰するもので、初代受賞者に鈴木が選ばれた。