今週(2021.11/5~11/11)のYouTubeチャートTOP100の週間総視聴回数は、先週比で3.6%減となった。TOP100内の初登場は14作(先週13作)となった。

【動画】ピアノ練習曲をヒップホップサウンドに仕上げた、NiziU「Chopstick」MV

 2週連続で1位となったのは、7人組ダンス&ボーカルグループ・BE:FIRSTのデビュー作「Gifted.」(視聴回数559.4万回)。先週よりわずかに視聴回数は下がったものの、500万台という高い視聴回数をキープしている。11月3日に待望のメジャーデビューを果たした彼らは、その2日後の11月5日に初のワンマンライブ「 “FIRST” One Man Show ーWe All Gifted.ー 」を開催。その中から、同曲のライブパフォーマンス映像も公開されてファンを喜ばせた。

 初登場で4位にランクインしたのは、おもしろカップルインフルエンサー・夜のひと笑いの「ワライカタ」(同312.0万回)。夜のひと笑いの2人が出会ったばかりの頃をイメージしたラブソングだ。本作で自身最高位を記録、今年6月にリリースした「ミライチズ」(同230.3万回)も12位(先週15位)に上昇している。両作ともに、夜のひと笑いの大ファンだと公言するクリエイターユニット・HoneyWorksのコンポーザGomからのラブコールで実現したコラボレーション楽曲で、サウンドプロデュースはHoneyWorksが担当している。

 5位に初登場したのは、9人組ガールズグループ・NiziUの新作「Chopstick」(同295.5万回)。11月24日にリリースされる1stアルバム『U』のリードトラックで、作詞作曲はNiziUの生みの親であるJ.Y. Parkが手がけた。“お箸(はし)”を意味する同曲のトラックは、ピアノ曲の「Chopsticks」を現代風のヒップホップ・サウンドにアレンジ。両手の人差し指だけで鍵盤を叩いて演奏できるピアノ曲とあって、ミュージックビデオでは随所にその特徴が活かされたユニークな内容に仕上がっている。

 14位(先週56位)に急上昇したのは、LiSAの「明け星」(同210.0万回)。視聴回数を先週の約3倍として、TOP20内にランクインした。同作は現在放映中のTVアニメ『「鬼滅の刃」無限列車編』のオープニングテーマ。同アニメのエンディングテーマ「白銀」も収録した両A面CDシングルが11月17日にリリースされることになっている。2作ともに梶浦由記の作詞・作曲・編曲によるもので、「炎」以来のタッグということでも話題を集めている。