人気グループ・AKB48が17日、千葉・幕張メッセから4時間生放送される日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2021』(後7:00~10:54)に出演。激しいダンスが話題を呼んでいる「根も葉もRumor」を歌唱したメンバーから岡田奈々、柏木由紀、本田仁美、向井地美音、横山由依がコメントを寄せた。

【写真】乃木坂46、BE:FIRSTら『ベストアーティスト』出演者取材フォト

 本番では見事なタットダンスも披露。卒業を前にした横山は「今のAKB48ってすごくいいと思います」と自信を込め、岡田は「「根も葉もRumor」で今のAKB48の絆がよりいっそう深まったので、この熱い気持ちを忘れずに、このままの熱量で来年にもっていきたいなと思っています」と気持ちを新たにした。

――まずは今日のステージの注目ポイントを振り返っていただけますか?

【向井地】新衣装で歌わせていただきました! 秋冬に合わせた新衣装を今回初お披露目しました。

【本田】今回は間奏でタットダンスという高速ダンスに挑戦したんですが、ダンスを揃えるためにたくさん練習しました。生放送だったのでより(気持ちを)引き締めてパフォーマンスできたのかなと思います。

【岡田】毎回歌番組で披露する直前に円陣を組んでるんですが、今回は横山結衣ちゃん(卒業前)最後の円陣だったので、「どんな円陣がいい?」って聞いて、髪が紫だったので「パープルルーマーにする?」って聞いたら嫌だって言われたので(笑)、いつも通りの「根も葉もRumor」っていう円陣をして、すごく気合が入りました。

【横山】「根も葉もRumor」は12年のAKB48生活の締めくくりに相応しい曲だと思います。向井地美音ちゃんと同じ歌割りがあって今日は特別なポーズをしたので、そこを見ていただけていたらうれしいです。

【柏木】私は病気もあって(この楽曲に)後から参加したので、緊張や引け目があったけど、何回も重ねてやっとみんなの仲間に入れたなって思います。

――今後のAKB48としての目標、横山さんの目標についても聞かせてください。

【柏木】AKB48は(グループとして)丸16年、AKB48の名前は多く知っていただけると思うんですが、一人ひとりの名前を知ってもらえたり、「今のAKB48っていいよね」って思ってもらえるようになりたいです。今回の曲はメンバーも気合いが入っているので、アイドル=AKB48みたいな時代が作れたらいいなと思ってます。

【横山】今のAKB48ってすごくいいと思います。私も卒業して元AKB48としてやっていくうえでAKB48にずっとあってほしいですし、グループに恩返ししたいと思っています。メンバーにも一瞬一瞬を楽しんで駆け抜けてほしいです。

【岡田】「根も葉もRumor」で今のAKB48の絆がよりいっそう深まったので、この熱い気持ちを忘れずに、このままの熱量で来年にもっていきたいなと思っています。

【本田】ここ最近ファンの方に会えることが少なかったので、来年はたくさんの方々に会いに行ってパフォーマンスをして、今まで以上に街でAKB48の楽曲を耳にする機会を増やしたいなと思います。

【向井地】AKB48といえばこれまでは総選挙など個人戦のイメージだったと思いますが、今年のAKB48はこの曲で団体戦になってきたので、来年も力を合わせて、何かであっと驚かせられるような、話題の尽きないAKB48になれたらいいなと思います。