“大切な人と過ごす日常”を掲げる──“家族の絆”を描いた重松清の小説が原作の映画『とんび』(監督:瀬々敬久)で、父の愛情を一身に受け育ってゆくアキラを演じる俳優の北村匠海が、今月25日より、全国の書店でスタートする「カドフェス ザ・ベスト2021」のイメージキャラクターに起用された。

【動画】阿部寛&北村匠海、映画『とんび』特報

 長期にわたった自粛生活で、家族やパートナーと過ごすおうち時間、会いたくても会えない人との距離など、改めて大切な人と過ごす時間の尊さを感じた方も多いはず。大切な人と過ごす日常の中で、日々食事し、お風呂に入るように、“本”も寄り添っていられたらと、角川文庫はこの冬、“大切な人と過ごす日常に、本がある”をテーマに、“2021年ザ・ベスト”な本を集めたフェアを開催。北村が部屋でくつろぎ読書する様子をイメージし、自然体で温かみのあるフェアメインビジュアルが公開された。

 イメージキャラクターに起用された北村にとって読書とは、「台本を読むことも多く、一年を通して活字を追っているので、自分の中でも日常の一部と化しています。本を読んで一人だけの脳みそにならない感覚、色んな人間の感性みたいなものを覗けるので、特に俳優業をしているとさまざまなことに活きてくるんです。何より読むことが好きっていうのが一番大きいです。本を読んで変わった価値観もたくさんあるので、読書はとても大切なものです」。

 また、「カドフェス ザ・ベスト2021」のテーマ、“大切な人と過ごす日常”について「大切な人や家族の存在を、当たり前のものだと思ってはいけないと最近感じています。大人になってみて、家族がいることが当たり前ってないなと思うし、だから子供の頃に言えなかったことを今になって話したりするタイミングは増えました」。

 そして自身が出演した映画原作、不朽の名作小説「とんび」についても、「物語の中で長い年月を追うことで、人の人生というものが垣間見える小説です。すごくリアルですし、人生単位の人間性だったり、そこに伴う愛情だったり、ぶつかりだったたりが詰め込まれている作品です」と、その魅力を語った。

 映画で破天荒ながら愛すべき父・ヤスを演じるのは、阿部寛。さらに、薬師丸ひろ子、杏、安田顕、大島優子、麻生久美子、ほかが出演する。