巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督がザ・ローリング・ストーンズのレコーディング風景を撮影した伝説の音楽ドキュメンタリー『ワン・プラス・ワン』が、12月3日より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町(東京)ほか全国で順次リバイバル上映される。ロック史に残る名曲 「悪魔を憐れむ歌」レコーディング風景の舞台裏を追ったドキュメンタリー。今年8月、80歳で亡くなった偉大なドラマー、チャーリー・ワッツさんのリズムを劇場で体感できる。

【画像】『ワン・プラス・ワン』そのほかの場面写真

 ローリング・ストーンズが1968年に発表したアルバム『ベガーズ・バンケット』。ストーンズが考案したトイレの落書きのジャケットがレコード会社から不採用となり、デザインを巡ってリリースが遅れたのは有名なエピソードだ。そんな紆余曲折を経て発表された同アルバムの1曲目が「Sympathy for the Devil」こと「悪魔を憐れむ歌」。本作は、この曲のレコーディング風景を撮影したもの。

 キース・リチャードは当時ゴダールとの仕事について「俺たちの曲作りと共通するものを感じる」と語っており、ミック・ジャガーは「制作過程をよく記録している」と評価していたという。ゴダールが手がけるドキュメンタリーめいたフィクション映像が交差しながらも、ロック史上に残る名曲と言われる「悪魔を憐れむ歌」誕生の瞬間が、克明に描かれている。

 本作は、ミックとブライアンが向かい合い音を合わせているところから始まる。ボブ・ディラン調のフォークソングから始まり、着々と音ができてくる中、ドラムが刻むリズムはなかなか定まらない。ミックから「まともに叩いてくれよ!」と言われながらも、試行錯誤を繰り返し、ドラムのリズムが徐々に変化していく。最終的にたどり着いたのは、ジャズとサンバが合わさった独特のリズムだ。ここに呪術的な歌詞や叫びなどが重なり、いつ聞いても褪せることのない名曲が誕生した。

 チャーリー・ワッツのドラムスのルーツはジャズにあり、ドラマーを目指すきっかけとなったのは、サックス奏者ジェリー・マリガンがチコ・ハミルトンをドラムに迎えて演奏した1952年の「Walking Shoes」だったという。14歳でドラムセットを親に買ってもらい、16歳からは、街中で演奏をしていた。1980年代後半にはストーンズで演奏する傍ら、スケジュールが許せばジャズのソロアルバムを出すなど、精力的に活動を続けていたという。

 メンバー内では控えめな存在で、ライブのメンバー紹介の時に、隠れてしまいドラムセットだけがそこにある、というほどシャイだったというチャーリー。しかし、本作で奏でる唯一無二のドラムのグルーヴ感は圧倒的な存在感を放ち、メンバー内の核となる存在だったことは一目瞭然。バンド黄金期を迎える若き日のストーンズのレコーディング風景と「悪魔を憐れむ歌」誕生の瞬間を観る貴重な機会となる。