お笑いコンビ・ぺこぱが16日、都内で冠番組『特命ぺこぱ~ぺこぱ貸します~』(ひかりTV、dTVチャンネルで配信)1周年大感謝祭を開催した。

【写真】ぺこぱの師匠であるTAIGA

 番組では、困っている現場を助けるよう、使命を帯びたぺこぱの2人が、各回のゲストとともに現場に向かい、問題解決に向けて奔走していく。今回のライブでは、番組ナレーションを務めるアイドルグループ・=LOVEの齊藤なぎさと大谷映美里が進行役を務め、錦鯉、タイムマシーン3号、ランジャタイ、ウエストランド、TAIGAらが登場した。

 ライブを終え、松陰寺太勇は「みなさんのネタも仕上がっていて。きょういたメンバーの中で(残っているメンバーには)『M-1』決勝に行ってほしい」と期待。一方のシュウペイは、コンビの歩みを振り返り「お仕事いただくようになってから、やりたいことをずっと口にしてきたんです。この2年でかなってきているので、次は『朝の顔をやりたい』って言っていけば、朝の番組も声がかかれば…」と声を弾ませた。

 松陰寺は『M-1』で注目しているコンビについて「きょう、ネタを見ていて、今から準決勝に向かう芸人さんみんな面白かったので。全員マジであるんじゃないかなという仕上がりを見たので、全員いってほしいです。ここで誰か1組あげちゃうと、それでハードルになって、不利に働いてほしくないので…」とやさしい一面もチラリ。シュウペイも「僕らも『M-1』ドリームで世に出られたので、みんな応援したいです。この番組から、王者とかを輩出したいという思いがあります」と笑顔を浮かべた。

 取材が終わるタイミングで、松陰寺が「TAIGAさんへの質問がなかったですね」と“師匠”の名前を出すと、TAIGAも「オレ違うなと思ったんだよね」と照れ笑い。番組の今後について、シュウペイが「(コロナの状況が)よくなってきたら、ウィンタースポーツとか、東京を飛び出してみたいですね。みなさんを引き連れたいです」と話すと、松陰寺が「TAIGAさんもぜひ、電動自転車で…」と愛あるイジりを見せていた。

 番組の模様は、12月6日の午後11時に前編、13日の午後11時に後編が配信される。