人気グループ・Sexy Zoneが、16日発売の『週刊朝日』表紙に登場する。発売日はデビュー10周年当日。デビュー当時、平均年齢14.4歳。まだあどけなさの残る顔をしたメンバーたちは、今やさらりとスーツを着こなす大人の男に進化を遂げた。カラーグラビア6ページで、その魅力を解剖。カメラ好きで知られる中島健人による取材中のメンバーのオフショットも掲載される。

【画像】寄り添う5人と赤い一輪の薔薇…Sexy Zone描き下ろしイラスト

 スペシャルインタビューでは、メンバー4人がデビュー10周年にあたっての思いを語る。松島聡は「いろんなドラマがあった10年だったんですけども、とにかく楽しかった記憶のほうが多くて」と、しみじみ。中島は「僕のやる気の源はみんなだし、今後はみなさんが生きるうえで、僕たちが大きな力の源になれるようにしっかり頑張っていきたいです」とファンへの誓いを立てる。

 菊池風磨は「もっと大人なイメージだったし、もっと売れると思ってたし、まだまだだなって」と、ハングリーな一面をのぞかせ、佐藤勝利は10周年の曲「Change the world」にあるフレーズ「笑って泣いた」にちなみ「言葉通り、笑って泣いたのは、ライブツアーですね。 久々の有観客だったので」と、今年のツアーを振り返った。4人それぞれに「もし自分がSexy Zoneのメンバーをプロデュースするとしたら?」を聞いたQ&Aコーナーにも注目だ。

 このほか、佐藤愛子、井上荒野ら瀬戸内寂聴さんと親交のあった人々が寄せる惜別の思いや、シーズン前半の快進撃から一転、後味の悪い結末を迎えたプロ野球・阪神の裏事情、2年ぶりに国会議員に復帰したれいわ新選組の山本太郎代表の独占インタビュー、コロナ禍で増加する遺産「争族」の防ぎ方などラインナップしている。