女子プロレス団体・アクトレスガールズが、12月31日をもってプロレス団体としての活動を終了するを14日、公式サイトで発表した。

【試合カット】デスティーノを決めるハリウッド松井珠理奈

 サイトは14日、2021年いっぱいでの「プロレス団体としての」活動終了を報告。2022年からは「プロレスを用いたよりエンターテインメント性の高い公演へと移行いたします」とした。方針変更にともない、アクトレスガールズ内の団体「Beginning」と「Color's」も年末で解散することも決まった。

 「コロナ禍による集客制限や収益の悪化など現況を打開するには、このタイミングで原点回帰して今後は女子プロレスからアクトレスガールズへと独自の方向で活動して参ります」と記し「各選手の今後につきましては、決まり次第ご報告いたします」と伝えた。

 アクトレスガールズは“女優によるプロレス”をコンセプトにしており、グラビアアイドルでプロレスラーのまなせゆうな、タレントでプロレスラーの万喜なつみたちが過去に参戦していた。