今月10日時点で動員53万人、興行収入6億4000万円を突破するヒット作となった、天海祐希主演の映画『老後の資金がありません!』(公開中)より、天海、松重豊、草笛光子が撮影を振り返る特別映像・メイキング編が解禁となった。

【動画】映画『老後の資金がありません!』メイキング映像

 子育ても落ち着き、老後は安泰のはずだったのに…、親の葬式、子どもの派手婚、夫の失職、セレブ姑との同居…あらゆるお金の災難に、普通の主婦が悩みもがきながらも奮闘する物語。

 解禁された映像は、撮影現場での和気あいあいとした様子を収めたメイキングを中心に、パートをしながら家計を切り盛りする主婦・後藤篤子役の天海、家計は妻に任せきりな夫・後藤章役の松重、この夫婦の悩みの種となる浪費家の姑・芳乃役を演じた草笛が、お互いの印象や撮影当時を振り返りながらコメントを寄せる。

 「みなさんがちょっとクスっと笑って、ちょっとホロっとして、これからの自分の人生をいろいろと考えていただけるような映画になるといいなと思っています」と、何かと悩みの尽きない毎日を明るくしてくれる本作の魅力を語る天海は、松重との共演シーンで、長年連れ添ってきた夫婦らしい絶妙の空気感を見事に醸していることがこのメイキング映像からもうかがえ、「松重さんとだったからできたいろんな事があり、ご一緒させていただけたから乗り越えられた事もあり、とても良い時間を過ごさせていただきました」と笑顔で振り返っている。

 一方、天海から全幅の信頼を寄せてられた松重も、「天海さんと夫婦というのはアリだなぁ、ということを楽しく夢想するひと月(の撮影期間)でしたね。夫婦の役をやるというのは、同僚とか仲間とか恋人とかの役とは違うし、後藤家の2人はお金はないけど、どうやら”夫婦の絆”はなかなかあるみたいなので、そこは天海さんとコミュニケーションをとってキャッチボールができたんじゃないかと思います」と手応えを語っている。夫婦同士の優しくあたたかい目線を採り入れるべく、なんと松重がお芝居をしながらカメラを回す珍しいひと幕も。本物の夫婦さながら息ぴったりの二人だからこそ、一風変わった演出も難なく乗り越え、楽しんでいた様子を垣間見ることができる。

 草笛は、撮影中にとても気遣ってくれたという天海に「ああいうお嫁さんだったらいいな、と思いますよね。(現場で)こっちです、あっちですと全部やってくださって、本当に身を委ねて演じました」と感謝のコメント。役柄としては相対する立場ながら、お互いの信頼関係をにじませている。

 映像はほかにも、撮影中に誕生日を迎えた草笛がケーキでお祝いされている場面や、後藤家の家族写真撮影など、本編では見られない貴重な瞬間も数多く収録。映画をよりいっそう楽しめる特別映像となっている。