13日放送のフジテレビ系バラエティー『新しいカギ』(毎週土曜 後8:00)では、映画『土竜の唄 FINAL』とのコラボコント「土竜の唄 土8版」を実施。生田斗真、三池崇史監督が出演を果たす。

【集合ショット】”ピンク”でド派手な仲里依紗、シックな黒ワンピの菜々緒ら豪華登場!

 お笑いヤクザ新鍵組の中に、お笑いを大切にしていない潜入捜査官のモグラがいるということで、ネタを出し、それに対する答えでモグラをあぶり出そうという大喜利スタイルのコント。生田は新鍵組組員として、芸人らとともに大喜利に挑戦する。ジャッジするのは新鍵組会長の三池会長(三池監督)。三池会長が笑わなかった回答を披露した組員は、奈落の底へと落とされてしまうという体を張ったコントだが、果たして何人のモグラをあぶりだす事ができるのか。生田の爆笑メイクにも注目だ。

 9月に放送し、大好評だったゲーム企画「スケボーゴン攻めビッタビタ選手権」も再び。実況はもちろん、東京五輪のスケートボード女子ストリート・決勝で実況をつとめ、「13歳、真夏の大冒険」という名フレーズを残したことで話題となった倉田大誠アナ。解説は、チョコレートプラネット・長田庄平演じるオサジリだ。ゲームは至ってシンプル。20メートル以上はある長いスケートボードのコースをそれぞれがスケボーでゴン攻めし、コースの先にあるプール手前ギリギリの所で止まることができれば高得点がもらえるというルールだ。

 新しいカギチームと対戦するのは、『VS魂』から藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の3人。さまざまなフォームを駆使して攻めていく両チームのメンバーたち。名物となりつつたる、オサジリが生み出すさまざまな技の名前も見逃せない。

 そのほかにも人気コント「万引きレシピ」や、ハナコ・秋山寛貴がてんぐを演じるシュールなコント「天狗ですみません」、長田が、ひろゆきならぬ「おさゆき」として登場するキャラクターコント「おさゆきの部屋」など、シリーズもののコントもめじろ押し。さらに、今後シリーズ化が期待される新作コント「応援を呼べ!」も初披露。チョコプラ・松尾駿、ハナコ・菊田竜大、そしてKis-My-Ft2の二階堂高嗣が応援団に扮し、爆弾処理の現場で警察や処理班を全力で応援するというもの。顔を真っ赤にして絶叫しながら応援する3人がジワジワと笑いを誘う。

 収録を終えて、生田と三池監督がコメントを寄せた。

――コントに参加して
【生田斗真】コントは、『ピカルの定理』の時にやらせてもらったり、『めちゃ×2イケてる!』でもあったかな。やっぱりお笑い芸人の皆さんは、日々極限状態に追い込まれていて、毎日戦っているんだなと改めて感じ、尊敬しました!

【三池崇史】コントの参加は、中学の文化祭以来かな(笑)。やっぱり皆さんプロですね。生田斗真はなんでもオールマイティーにできちゃうけど、僕なんかは本来裏方ですからね。コントは、芝居をしているのか、そうじゃないのか、そのさじ加減が難しいですね。トーンだけ空回りしないように、おとなしめにやりました。

――映画で採用してみたい『新しいカギ』メンバーは?
【三池】チョコレートプラネットの2人は役者顔ですよね。芸も、キャラクターを演じているのが多いので、僕なんかは役者として見ちゃうよね。

――共演してみたい『新しいカギ』メンバーは?
【生田】霜降り明星のせいやさんは、芝居をちゃんとやっている感じを出していて、ああいう役者とは共演したくないなと思いました(笑)。監督へのアピールがすごくてね。

――今回の見どころは?
【生田】三池崇史監督がコントにでる。“なんで??”っていう所ですよね」

【三池】映画『土竜の唄』1作目の時も、宣伝で『堂本兄弟』で歌を歌わされたんだよね。いつも何かしらひとつは変わったことをさせられるんだけど、今回はこれだね。みどころは、当たり前だけど、生田斗真ですね。面白かったです!