4人組ピアノバンド・Official髭男dismが、長澤まさみ主演、東出昌大、小日向文世が共演する人気シリーズの映画第3弾『コンフィデンスマンJP 英雄編』(2022年1月14日公開)の主題歌「Anarchy」を担当することが15日、発表された。ヒゲダンは同シリーズのドラマ版から主題歌を書き下ろしており、今回で4度目のタッグとなる。

【動画】ヒゲダン書き下ろし主題歌も入った最新予告映像

 人気脚本家・古沢良太氏が手がけた同作は、2018年4月期に月9ドラマとして放送されると、2019年に映画第1弾『ロマンス編』(興行収入29.7億円)、20年には第2弾『プリンセス編』(興行収入38.4億円)といずれも大ヒットを記録。主人公のダー子を長澤、お人好しゆえに騙されることもあるボクちゃんを東出、どんな世界の人間にも見える特技を持つリチャードを小日向が演じ、大人気シリーズとなった。

 第1弾は香港、第2弾はマレーシア・ランカウイ島と、いずれも海外を舞台にしていたが、今回はついにヨーロッパに進出。イタリアのシチリア島南部にある地中海の小さな島・マルタ島で、騙し合いバトルが繰り広げられる。

 ヒゲダンはドラマ版の「ノーダウト」、『ロマンス編』の「Pretender」、『プリンセス編』の「Laughter」と、シリーズすべての主題歌を担当。今回も、本シリーズと深い絆のある彼らが新曲「Anarchy」を書き下ろした。

 また、主題歌とあわせて最新の予告映像も解禁。ダー子たちが狙うのは、危険なマフィアが所有する、幻の古代ギリシャ彫刻「踊るビーナス」。それぞれの方法でオサカナに近づく3人だが、警察、さらにはインターポール(国際警察)の捜査の手が迫る。さらに、新キャストで発表された城田優、生田絵梨花、松重豊、瀬戸康史やおなじみの“赤星”江口洋介、五十嵐・小手伸也の姿も映し出されるほか「ボクちゃん、リチャード、ありがとう」というダー子の意味深なせりふも盛り込まれている。

■Official髭男dismコメント
今回も主題歌を任せていただき、とても光栄です。このサウンドが劇場で鳴り響くことを想像するとゾクゾクします。そんな曲をこのバンドで生み出せたことがクレイジーで、面白くて、誇らしいです。すてきなきっかけをくれたコンフィデンスマンJPチームにとても感謝しています。