俳優の小澤亮太、清水一希、小池唯、池田純矢が12日、都内で行われたVシネクスト『テン・ゴーカイジャー』(期間限定上映中&来年3月9日にBlu-ray&DVD発売)の公開記念舞台あいさつに登場した。

【動画】ゴーカイジャーがおふざけ全開!ファン胸熱の裏話ぶっちゃけ

 この日は、ゴーカイレッド/キャプテン・マーベラス役の小澤、ゴーカイグリーン/ドン・ドッゴイヤー役の清水、ゴーカイピンク/アイム・ド・ファミーユ役の小池、ゴーカイシルバー/伊狩鎧役の池田が参加した。

 10年ぶりの完全新作となった『ゴーカイジャー』。劇中での小道具も“10年モノ”となっていたため、アイムが使っていたネックレスはサビていたという。すると清水は「衣装合わせの時にアイムのネックレスがサビていて、小道具さんに『磨いておいてください』という話をしていた。その日は解散して、みんなで一緒に帰っていたら『あっ』って言って、ネックレスをしたままだった。小道具さんにお願いしていたネックレスをしたままだった」と暴露し「さすがアイムと思った」と10年経っても変わらない天然ぶりを笑顔を見せた。

 照れる小池は「ちゃんと戻って返しに行きました…。すみません」と恐縮。「磨いていただいてキレイなものをつけました」と恥ずかしそうに語ると、キャストたちから「変わってないですね」とイジられていた。

 スーパー戦隊35作記念作『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年~2012年)の放送開始から10年。それを記念し、完全新作のVシネクストとして『テン・ゴーカイジャー』が制作。ゴーカイジャーならではのド派手な作品となっている。