俳優の林遣都、小松菜奈、井浦新、石橋凌、柿本ケンサク監督が13日、都内で行われた映画『恋する寄生虫』公開記念舞台あいさつに登場した。数々の作品で学生役を演じてきた小松だが、25歳を迎えた今、制服姿は「見納めというか…」と今作で“最後”を意識したことを打ち明けた。

【写真】これで見納め?公開された25歳・小松菜奈のブレザー制服姿

 同作は、孤独な2人が「虫」によって「恋」の病に落ちていく、臆病者たちの切なくも美しい“恋×虫”ラブストーリー。極度の潔癖症から誰とも人間関係を築けずに孤独に生きる青年・高坂賢吾(林)と、寄生虫が好きで、視線恐怖症に苦しむ不登校の女子高生・佐薙(さなぎ)ひじり(小松)のはかない恋物語で、林と小松のW主演作品となっている。

 女子高生役を務めた小松は「私はもう25歳で、制服姿というのは正直キツイです!」と笑わせつつ、「さすがにもう、25歳で制服をずっと通して“現役高校生”というのはキツイなと思ったのですが、それはちょっと(今回)お仕事なので…」照れ。

 続けて「今回でも、(制服姿は)見納めというか、この作品で最後なのかな?と私は思っています」と伝えた。