俳優の岡田将生、川口春奈、薬丸翔が13日、都内で行われた映画『聖地X』(19日公開)大ヒット祈願イベントに出席。韓国のシャーマンが登壇し、伝統的な衣装をまとい、笛とシンバルを用いた演奏の中で“コサ”と呼ばれる厄払いを行い、映画の大ヒットを祈願した。

【集合ショット】“コサ”と呼ばれる厄払いを行った韓国のシャーマンとキャスト陣

 厳かな雰囲気の中で行われた厄払いを終えて、岡田は「はじまった途端に空気が変わりましたし、映画の中でもこういうシーンがあって、鮮明に思い出したりして、ぜひこの映画が大ヒットしてくれたら」とコメント。川口が「なかなか経験できないことなので、しゃんとしました」、薬丸も「笛の音が鳴った瞬間に、何かが始まるんだろうなっていう感じがありましたね」と語っていた。

 同作は『犬鳴村』(20年)『樹海村』(21年)のプロデュースチームが企画し、オール韓国ロケで挑んだエクストリームホラー。巨木と古井戸がつかさどる呪われた地、一度足を踏み入れた者は精神に異常をきたし、常軌を逃した悪夢に取り憑かれ、こつ然と姿を消すという。人をそこは“聖地X”と呼ぶ…。

 父親が遺した別荘のある韓国にわたり悠々自適の引きこもりライフを満喫する、小説家希望の輝夫(岡田)は、結婚生活に愛想をつかし転がり込んできた妹・要(川口)とともに 聖地Xの惨劇に巻き込まれていく。