すべてを捨ててフィリピンに骨を埋める覚悟で暮らす日本人男性4人を、7年にわたって取材したドキュメンタリー映画『なれのはて』(監督:粂田剛、12月18日公開)の予告編が解禁となった。マニラの貧困地区で「困窮邦人」と呼ばれ、ひっそりと住暮らす高齢の日本人男性4人の姿を垣間見ることができる。

【動画】「困窮邦人」4人の事情が垣間見える予告編

 彼らは、まわりの人の助けを借りながら、わずかな日銭を稼ぎ、細々と毎日を過ごしている。警察官、暴力団員、証券会社員、トラック運転手…かつては日本で職に就き、家族がいるのにも関わらず、何らかの理由で帰国しないまま、そこで人生の最後となるであろう日々を送っている。

 冒頭では、元暴力団の谷口俊比古さんが、劇中でフィリピンに身を隠すことになった“ある事件”のことを問われると「はっきり言ってそんなのが表沙汰になったら、ヒットマンが飛んでくるよ」と、事件の詳細について口にすることができない理由を語気強く語る。

 フィリピン人の妻と子どもと仲睦まじく暮らす元トラック運転手の平山敏春さんは、日本の家族を捨ててフィリピンにやってきた。すでに新しい家庭をフィリピンで築いている平山さんは「日本のことを考えるのはやめようと。考えても仕方がない」と、自分自身に言い聞かせるように話す。

 暗い牢獄を思わせるコンクリートむき出しの小部屋に住む嶋村正さんは、元警察官。フィリピンで厳しい余生を過ごすことになった嶋村さんに、「不思議な人生ですね」と声をかけると、「戻れるものなら、戻りたいね」と、後悔をにじませた。

 元証券マンで、フィリピンにハマり居ついてしまった安岡一生さんは、内縁の妻クリスティと暮らしている。日本にいる息子、娘と連絡はとっていないのかと問われると、「(フィリピンに来てから)話もしたことがないな、全然。別れた女房とも一度も(連絡をとっていない)」と、遠い目をして語る姿が印象的だ。

 予告編には、各国の危険地帯を取材するジャーナリストの丸山ゴンザレス氏が寄せた「自分の”なれのはて”が惨めなのか、幸せなのか、今の日本社会を生きる身として特に思わずにはいられない。」(抜粋)という、日本に生きる我々にとって切実に響くコメントも紹介されている。

■丸山ゴンザレス氏のコメント(全文)
 「豊かな青春、惨めな老後」かつてのバックパッカーには有名なこの言葉を思い出した。自分の“なれのはて”が惨めなのか、幸せなのか、これまでの選択と、これからのルートを今の日本社会を生きる身として特に思わずにはいられない。