アイドルグループ・乃木坂46が11日、読売テレビ・日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭』に出演し、今年いっぱいでグループ卒業を発表している1期生・生田絵梨花がセンターを務める卒業ソング「最後のTight Hug」をテレビ初披露した。

【貴重ショット】当時14歳…乃木坂の最終オーデション時の生田絵梨花

 生田は歌唱前に「寂しさはあるんですけど、この曲とメンバーのぬくもりを大切に抱きしめながら歌えたらと思っています」とあいさつ。「最後のTight Hug」のパフォーマンス中には同期の秋元真夏と“タイトハグ”をするシーンもあり、ファンの涙腺を刺激した。

 ツイッターでは「#最後のTightHug」「#いくちゃん」「#乃木坂ちゃん」などがトレンド入り。ファンは「いくちゃん真夏とTight Hug するの熱い」「真夏がいくちゃんを抱きしめるところで泣いてしまった」「真夏といくちゃんが抱き合ったところで涙腺崩壊」「いくちゃんに寄り添う振り付けめっちゃ良かった」と胸を熱くしていた。