俳優の生田斗真(37)が11日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』(19日公開)の完成披露舞台あいさつに出席。感染対策を徹底した上で駆けつけた観客から温かい拍手を浴びると「なんかちょっとグッときますね。久しぶりに映画の舞台あいさつでお客さんの前に立ってますけど、うれしいですね」と感慨深げにあいさつした。

【集合ショット】仲里依紗もド派手な衣装で登場!豪華キャストたち

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年に1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が、2016年には原作でも絶大な人気を誇る『チャイニーズマフィア』を描いた2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開し、いずれも大ヒットを記録。今回が約5年ぶりの新作にして8年におよぶシリーズ完結作となる。

 主人公・菊川玲二を熱演し、シリーズを通して“裸シーン”にも体当たりで挑戦してきた生田。そんな姿に、映画『変態仮面』を“裸一貫”で演じた共演の鈴木亮平(38)は「裸の先輩だったのに…。負けましたね(笑)」と白旗を揚げ「きれいだし、現場でもすごく努力して全然ご飯食べないんですよ。今回はより(体が)仕上がってた」と賛辞を送った。

 これに生田も「1の頃は20代だから細かったけど、今はいい感じに体が大きくなった状態でトレーニングできた」と手応えを感じている様子。鈴木から「カッコよかった!」と“べた褒め口撃”を受けると「ありがとうございまーす!」と照れ笑いを浮かべていた。

 会見にはそのほか、菜々緒(33)、滝沢カレン(29)、仲里依紗(32)、堤真一(57)、三池崇史監督(61)が出席した。