ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太選手(35)が12日、都内で行われた『Prime Video presents Live Boxing』ボクシング生中継配信開始に関する記者会見に出席。12月29日にさいたまスーパーアリーナにて開催される、IBF世界ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン選手(39)との王座統一戦に向けて、意気込みを語った。

【写真】 “尊敬”するゴロフキン選手と意気込みを語った村田諒太選手

 “尊敬”するゴロフキン選手との対戦について村田選手は「追い求めていた舞台を用意していただき幸せに思います。ベストを尽くします。世界タイトルを初めてとったときに、上にいるのはゴロフキン選手だと思って、ずっと見ていました。拳をまじえることがとても楽しみですね」と心待ちの様子だった。

 ビッグマッチで注目度も増すことが予想されるが、村田選手は「2年間試合をしていなかったので、注目されると言われると難しいですが…僕自身に注目される興味はないです。僕を通してボクシング界が活気づくならうれしいです。自分が目立つのはもういい。受けた恩恵を返したい」と、ボクシングへの興味を持つ人が増える対戦にしたいと語った。

 リモートで会見に出席したゴロフキン選手は「村田選手は世界チャンピオンで、私にとっても素晴らしい試合になると思います。私もアジア人の血が流れていますので、日本での試合を楽しみにしています」と笑顔を交えながら話した。

 村田選手は、2012年ロンドン五輪ボクシング男子ミドル級金メダリストで、2013年に27歳でプロデビュー。プロ戦績は16勝(13KO)2敗。カザフスタン出身のゴロフキン選手は、04年アテネ五輪で、ボクシング男子ミドル級の銀メダルを獲得。06年にプロデビューし、戦績は41勝(36KO)1敗1分。

 また、同試合は、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなどでさまざまなスポーツライブ中継を行ってきたPrime Videoが、日本初のスポーツライブ中継を実施。当日は、村田選手とゴロフキン選手の対戦のほか、豪華でエキサイティングなカードも用意されているという。