俳優の香取慎吾が山本五十六役で主演を務める太平洋戦争80年・NHK総合の特集ドラマ『倫敦ノ山本五十六』が12月30日(後10:00~11:13)に放送されることが11日、発表された。

【場面カット】”坊主姿”で17年ぶりにNHKドラマに出演する香取慎吾

 太平洋戦争の始まりから80年。NHKの独自取材で明らかになった海軍内部の極秘文書にもとづく実録ドラマ。国民から「英雄」と呼ばれるようになる以前、海軍という組織の中でもがき続けた、新たな「山本五十六像」を香取が演じる。

■香取慎吾コメント
大河ドラマ『新選組!』以来17年振りにNHKのドラマに出演させていただきます。
時代を背負い、背を正し、視聴者の皆さまにその瞬間をお届けできるように、この役としっかりと向き合いたいと思います。

■脚本・古川健氏コメント
戦前戦中の調べ物をしていると、ふと山本五十六という高名な人物の足跡が書籍から立ち上がってくることがあります。そのたびに、この一筋縄ではいかぬ五十六という男に思いを馳せてきました。今回の物語は、今まであまり光のあたっていない時期の山本五十六を描いています。描く事柄の複雑さに頭を悩ませながらも、知ることのなかった五十六の苦悩や挫折を描いたつもりです。五十六という人物が抱えた、切実な想いが伝わればうれしいです。

■あらすじ
日本はなぜ、あれほど凄惨な戦争へと突き進んだのか―。
開戦前の昭和9年、ひとりの海軍将校がロンドンに降り立った。その男は、のちに真珠湾攻撃を指揮することになる提督・山本五十六。国家の命運を背負い、アメリカをはじめとする列強との軍縮交渉に臨もうとしていた。
「交渉が決裂すれば、日本は国際社会でさらに孤立する」。アメリカの絶大な国力を知り、戦争は避けるべきだと考える五十六は、ぎりぎりまで決裂回避への道を探り続ける。しかし、軍備拡大を目指す本国の海軍首脳部から「結論ありき」の交渉を命じられて…。
優先するべきは、国民の命か、国家の誇りか。
組織の中で板挟みになり苦悩の末に、五十六が下した「ある決断」とは?