俳優の生田斗真(37)が11日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』(19日公開)の完成報告会見に出席。約5年ぶりの新作にして8年におよぶシリーズ完結作が無事に完成し「ファイナルにして最高傑作ができました! マジでこれが最後ですからね…。たぶんね(笑)」とジョークを交えながら胸を張った。

【集合ショット】”ピンク”でド派手な仲里依紗、シックな黒ワンピの菜々緒ら豪華登場!

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年に1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が、2016年には原作でも絶大な人気を誇る『チャイニーズマフィア』を描いた2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開。いずれも大ヒットを記録。

 シリーズを通して主人公・菊川玲二を熱演してきた生田は、今作でも「『土竜の唄』といえば、裸のシーンが代名詞みたいになってます。皆さんの期待もとても膨らんでいると思いますが、その期待を大きく上回る裸シーンが撮れたと思います」と文字通り“体当たり”で挑んだ撮影に手応えをにじませた。

 会見にはそのほか、鈴木亮平(38)、菜々緒(33)、滝沢カレン(29)、仲里依紗(32)、堤真一(57)、三池崇史監督(61)が出席。共演した滝沢は、生田の“裸シーン”について「すてきでした。とても鍛えてらっしゃるのがわかりました!」と絶賛した。