女優の杏が11日、横浜赤レンガ倉庫で開催された「フランス映画祭2021横浜」の開幕を飾るレッドカーペットイベントに登場。同映画祭のフェスティバル・ミューズとして「フランスは私にとってとても大切な青春を過ごした場所。そんなフランスと日本をつなぐすてきなお仕事ができてうれしく思っています。両国の文化交流が末永く続くことをお祈りしております」とあいさつし、映画祭の開幕を祝福した。

【写真】シックな黒衣装で登場!クールな杏

 同映画祭は、さまざまなフランス映画の魅力を紹介するため1993年に始まり、日本での開催は今年で29回目。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響により12月の開催となったが、今年は本日(11日)から14日までの4日間、横浜で開催される。

 この日、横浜赤レンガ倉庫では電気自動車限定のドライブインシアター「EVで星空上映」を実施。2020年のカンヌ国際映画祭にも正式出品されフランスで大ヒットしたコメディ『セヴェンヌ山脈のアントワネット』を上映。

 ドライブインシアターの会場を初めて訪れたという杏は「とても画期的な催しだと思いました。自分の車で来ることができて、(電気自動車なので)環境にもやさしい。すてきなコンセプトだと思います」とコメント。会場に集まったEV車は拍手のかわりにハザードランプを点滅させた。

 今年4月開業した、桜木町駅前と横浜ワールドポーターズ前を結ぶ"日本初"の都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」に乗った感想を「街を身近に感じながら上から見ることができる。鳥になったような気分がして楽しかった」と語り、映画祭の開催地、横浜のアピールも抜かりなかった。

レッドカーペットイベントには、杏のほかに、山中竹春横浜市長、駐日フランス臨時代理大使のニコラ・ティリエ氏、特別協賛の日産自動車より内田誠代表執行役社長兼最高経営責任者が出席した。