人気グループ・Sexy Zoneの中島健人、女優・松本穂香、深川栄洋監督が10日、都内で行われた『Netflix Festival Japan 2021』に出席した。

【全身ショット】まさに王子様!純白スーツで登場した中島健人

 Netflix映画『桜のような僕の恋人』(来年3月24日世界独占配信)の原作は、2017年に発売され、泣ける恋愛小説として話題となり、さらにTikTokで人気に火がつき発行部数60万部を突破した、宇山佳佑著のベストセラー小説を実写化。かねてより原作ファンを公言していた中島が主人公・朝倉晴人役、有明美咲役を松本が演じる。

 美容師の美咲に恋をした晴人は、勇気を出して彼女をデートに誘う。目標に向かって頑張る美咲にふさわしい人間になるべく、諦めかけていたカメラマンへの夢を叶えるため再びカメラと向き合うことを決意する。しかし、美咲は「人の何十倍も早く老いていく」という難病を発症する。好きな人と同じ速度で歳月を重ねることができない、という現実を前に晴人と美咲が出した“二人の歩み方”とは…。

 今作で松本と初共演を果たした中島は「穂香さんは、美咲さんとして常に現場に立ってくれた。現場の中でも華々しい方なので、僕も晴人として常に見惚れていた」と振り返りながら「3ヶ月くらいの撮影で、ちょうど会えない期間がある。でもラブストーリーで大切なのは、会えない状況でも相手のことを思うかだと思うんです。常に思いを馳せながら、その3ヶ月間は生きていました」と笑顔で話した。

 松本も「普段の健人くんって『プロ!』って感じでしっかりとしてキラキラしてる。でも晴人くんの期間は、現場でキラキラオーラをなくしていて『この人は本当に素晴らしい方だな』と思いながら私も美咲として晴人くんをスッと好きになって、恋愛モードで生きることができました」と語り、感謝していた。