人気グループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が、2022年2月18日から東京・EXシアター六本木で上演する『六本木歌舞伎2022』(~3月6日)に出演することが決定。歌舞伎初挑戦となる戸塚は「市川海老蔵さんの背中を見ながら、楽しみ学び、そして演じていきたいです」と力を込めている。

【写真】海老蔵&麻央さん 麗禾ちゃん、勧玄くんと4人でテレビ出演

 2015年、六本木歌舞伎の幕開けの演目は『地球投五郎宇宙荒事』。市川海老蔵と中村獅童の歌舞伎への熱い想いから始まった宇宙規模の新作歌舞伎では、脚本を人気脚本家の宮藤官九郎、演出を映画監督の三池崇史が手がけ、連日満員の大盛況のまま千秋楽で幕を閉じた。

 第二回となった2017年の公演では、超売れっ子マルチタレントのリリー・フランキーが新解釈で描き出した『座頭市』を、前作に引き続き、三池崇史が演出。出演には海老蔵に加え、日本を代表する女優 寺島しのぶが登場。海老蔵と寺島しのぶの22年ぶりの共演が実現し大きな話題に。また本公演では、海老蔵の代名詞とも言える“眼力”を封印し新たな境地を開いた。

 2019年の第三回は、芥川龍之介の代表作『羅生門』。演出は三池崇史が担当。出演は海老蔵、そして歌舞伎初出演となった三宅健が参戦。生きるための悪という人間のエゴイズムを克明に描いた文学作品を、海老蔵が四役、三宅が二役を、それぞれの役になりきっての迫真の演技で観客を魅了。

 特に三宅は初出演ながら早拵えやぶっ返り、見得や立廻りといった歌舞伎ならではの演出を見事に表現。更に海老蔵が洋服姿で演じる本人役と遣り取りをする場面では、軽妙な掛け合いを披露して観客に爆笑の渦を巻き起こした。

 そして、第4回となる今回、三池崇史は監修として参加し、日本舞踊の宗家藤間流八世宗家で舞踊・振付・演出と幅広く活躍する藤間勘十郎が演出として参加。出演は十三代目市川團十郎白猿襲名を控えている市川海老蔵、そしてアクロバットやダンスなど華麗なパフォーマンスを得意とするジャニーズきってのユニットA.B.C-Zの戸塚祥太が歌舞伎に初挑戦する事が決定した。

 『六本木歌舞伎2022』は東京公演を皮切りに福岡、大阪で上演する。

■コメントは以下のとおり。

【市川海老蔵】
2015年にスタートさせた「六本木歌舞伎」も今回で第4回を迎えることができました。毎回、歌舞伎界のみならず様々な分野にて第一線でご活躍される方々のエネルギーをお借りしながら、作品づくりに向き合ってきました。
この度は、ジャニーズグループ・A.B.C-Zより戸塚祥太さんをお迎えし、斬新で痛快な作品を生み出します。閉塞感漂う現代に風穴を開けるような「六本木歌舞伎」ならではの科学変化に是非ご期待ください。

【戸塚祥太】(A.B.C-Z)
偉大な先輩方と同じ舞台に立てることに今から気持ちが昂っています。私にとって未知数である歌舞伎の世界に飛び込むことは、子供のように目に映るすべてに心のときめきを感じることと思います。市川海老蔵さんの背中を見ながら、楽しみ学び、そして演じていきたいです。ぜひとも劇場にお越しください。