1980年代、カリスマ的人気で女子プロレス旋風を巻き起こしたダンプ松本と、その知られざる舞台裏をドラマ化した『極悪女王』が、Netflixシリーズとして世界配信されることが明らかになった。企画・脚本・プロデュースは鈴木おさむ 、『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督がタッグを組む。

【動画】Netflix新作ラインナップ紹介映像(日本作品)

 80年代の日本女子プロレスの栄光の時代に、クビ寸前だったダンプ松本は日本史上最も有名な "ヒール "になった。その代償に彼女の成功はレスラー仲間との友情を危うくし、悪質なファンの標的になってしまう。日本中から嫌われた彼女が選んだ決断とは?

 ダンプ松本は「ヒール(悪役)がドラマ化されるなんて驚きました。ましてや主役だなんて耳を疑ったほどです。なぜなら、ヒール(悪役)は常にベビーフェイス(善玉)ヒーローがスポットライトを浴びるための盛り上げ役。影に隠れた裏方の存在だったからです。今回この様な『極悪』に光を向けたドラマ化はすっごくうれしくて感謝の気持ちでいっぱいです。プロレスの神様が鈴木おさむさんに降りてきたのかな(笑)。どんなドラマになるか? めちゃくちゃ楽しみです。一度で良いからベビーフェイスに勝ちたいな(笑)」と、喜びもひとしおの様子。

 事実、鈴木に“神様が降りてきた”瞬間があったようで、「僕が構成で参加していた番組にダンプ松本さんが出演し、1980年代の女子プロレスの話をした時に、『これはドラマになるぞ! しかも日本だけじゃなくて世界でも見られるドラマになるんじゃないか!』と思い、企画を立て、『極悪女王』とタイトルを付けて、Netflixさんに提案させていただきました」と、経緯を明かしている。

 さらに、白石監督とのタッグが決まり、「最強のスタッフで、このドラマを大きなスケールで描くことができることに興奮しております。こんな時代が日本にもあった! こんな戦いをしていた女性たちが本当に日本にもいた。熱すぎる物語に興奮していただきたいです。最強のダークヒーロー『極悪女王』、爆誕です!!」と、コメントしている。

 白石監督も「80年代のダンプ松本を中心とした全日本女子プロレスを描くことに興奮しています。何者でもなかった少女たちがリングで血と汗と涙を流しながらやがて最高のベビーフェイスと最恐のヒールの女王に成長する物語です。レスラー達に紙テープを投げて絶叫した方々にも、極悪同盟にたくさんのカミソリを送った方々にも愛と尊敬を込めて作ります。世界に日本のプロレスを見せつけるべく、これ以上ないエンターテインメントとして産み落とします」と、意気込んでいる。