俳優の斎藤工、上野樹里、箱田優子監督が10日、都内で行われた『Netflix Festival Japan 2021』に出席した。

【写真】ふっくらお腹の自身の写真をバックにトークした斎藤工

 テレビ東京と共同企画・制作したNetflixオリジナルシリーズ『ヒヤマケンタロウの妊娠』(2022年独占配信予定)。原作は、坂井恵理氏による同名漫画(BE LOVE KC/講談社)。男女逆転生活やギャップをコミカルに描き、「妊娠」をきっかけに、今まで見えなかった社会に潜むさまざまな問題に直面した男性の主人公・桧山健太郎(斎藤)が、奮闘しながらも徐々に周囲の人とそして自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語。

 斎藤は「最初は想像でしか入り口がなかった」という役作りも、“妊夫”として大きくなったお腹のフォルム、重みを衣装スタッフの協力も借りて忠実に再現することで「徐々に行動の重心が変わっていく」という妊娠の感覚を疑似体験した。

 続けて「一人の生命体なんですけど、自分の大事にするコアの部分がお腹になっていく。ちょっとした動きも含めて、妊娠されている方はそれまでの日常がちょっとずつ変わっていくんだなと疑似体験させていただいた。自分のフォルムが変化していくことで本当に心境が変わっていった」と回顧。公開を待ちわびているファンに向けて「このキャッチーな作品、役柄を演じることで普段見えなかったものが見えたような気がします。この作品が何かのきっかけになることを心から願っています」と呼びかけていた。