東日本大震災から10年を迎えた今年3月11日の深夜1時から放送されたラジオ『サンドウィッチマンのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)が、2021年日本民間放送連盟賞の準グランプリを受賞した。

【写真】サンド富澤、二階堂ふみのバックハグに大照れ

 同番組はすでに、日本民間放送連盟賞のラジオエンターテインメント部門で最優秀の受賞が発表されていたが、きょう9日に開催された「民間放送70周年記念民放大会」の式典の席上、各部門の受賞作品のなかからさらに準グランプリに選ばれた。

 東日本大震災の発生から1週間、2011年3月18日深夜1時から放送された『オールナイトニッポン』で、パーソナリティを務めたサンドウィッチマン。被災者に寄り添った言葉を届けるべきなのか、お笑いを届けるべきなのか迷った上で放送に臨んだ2人。急きょ放送されたこの特別番組は、緊急報道、ライフラインに関する情報が続いた地元・宮城県の東北放送でも放送された。

 それ以来、東北魂を掲げて取り組んできたサンドウィッチマンが、東日本大震災から10年を迎えた当日、再びオールナイトニッポンのパーソナリティを担当。この10年に感じたことや今の想いをダイレクトに伝えた。ゲストとして同じく東北出身の狩野英孝、東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手、東北放送の藤沢智子アナウンサーも出演した。

 同番組のプロデューサーを務めた冨山雄一氏は「この日のオールナイトニッポンをたくさんの人に聴いていただけたことにまずは感謝いたします。そして、当日ご出演いただいたサンドウィッチマンのお2人、狩野英孝さん、銀次さん、そして東北放送の藤沢智子アナウンサーに感謝いたします。これからもさまざまな形でオールナイトニッポンを通じて、東北の良さを発信できればと思います。本当にありがとうございました」と受賞の喜びを語った。

 なお、ニッポン放送は2018年に『ニッポン放送報道スペシャル「My Dream」』が日本民間放送連盟賞グランプリを獲得している。